フランス大統領選挙、ルペン氏の人気が上昇中!ユーロ崩壊のシグナルが点灯しているのだろうか。

フランス大統領選挙の状況が注目のニュースの一つになっていますね。どうも、川相有高(@woddy3)です。

本日はフランス大統領選挙の状況についてです。

ルペン氏はEU離脱派

以前にも、ブログ記事にまとめたのですが、

もしもユーロが崩壊するとしたら、それは2017年5月のフランス大統領選挙決選投票が終わりの始まりとなるのかもしれない。

2017.02.14

ここでは、フランスの大統領選挙において、ルペン氏の人気が徐々に上がってきていることと、

さらには、

ルペン氏は、EU離脱派で、当選したら
「フランスのEU離脱の是非を問う国民投票を実施する」
と公約していることなどをまとめました。

フランスの大統領選挙日

フランスの大統領選挙は、2回投票制で、

  • 第1回目の投票 4月23日(日)

  • 第2回目の投票 5月7日(日)

となっています。

そして、第2回目の投票を決選投票と呼んでいます。

ルペン氏追い上げ

先ほどの記事

もしもユーロが崩壊するとしたら、それは2017年5月のフランス大統領選挙決選投票が終わりの始まりとなるのかもしれない。

2017.02.14
は、2月14日にアップしたものですが、

この時は、
「ルペン氏がじわじわと人気になっていたものの、
決選投票では負けるだろう」との見通しでした。

もちろん、現在も負ける見通しとなっているものの、少しずつ状況が変わりつつあります。

つまり、決戦投票で負ける見込みではありますが、その差が小さくなって来ており、ルペン氏の追い上げがみられるということです。

第1回目の投票まではまだ時間はありますから、EUの今後を考える上でも、フランス大統領選挙は非常に注目となります。

EU資金乱用疑惑

2月21日には、次のようなニュースがありました。

ルペン氏のEU資金乱用の疑惑をめぐって、極右政党・国民戦線本部の家宅捜査を行なったというニュース。

これに対して、大統領選挙の結果に影響を与えることを狙った行為だと極右政党・国民戦線本部は、声明を発表しています。

このニュースを見た時、そういえば、クリントン氏とトランプ氏が大統領選挙をやっていた時も、メールの問題を巡って、コミー長官の再捜査などが話題になっていたのを思い出しました。

これが選挙戦に影響を与えたかどうかはわかりませんが、多少なりとも影響はあったのかもしれません。

今回のEU資金乱用疑惑問題についても、トランプ氏とクリントン氏の時のように、選挙目前まで話題になることも予想され、そして、それが結果にどのような影響を与えることも考えられます。

ますますフランス大統領選の行方が不透明になりつつありますが、世論調査の状況などは常に注目したいところです。

お知らせ

トレード手法全公開!
『ワンランク上のトレーダーになるためのFX勝ちチャート分析マニュアル』
絶賛発売中!

ブログランキングに参加していますので、参考になった時はポチッとお願いします! にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。主に日足チャートを分析し、裁量トレードをしています。FXメルマガでは、通貨ペアの状況や狙い目をズバッと明記する他、僕が使っているテクニカル分析の方法も公開しています。毎日、ワクワクして過ごしたいですね!よろしくお願いします