【本日のシグナル】ユーロドルが上昇の兆し!?

3月15日(木)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

今朝方のFOMC後のイエレン議長会見を受けて、ドルが売られる展開となりました。

利上げは予想通り。市場も織り込み済み。

そのほかには、「年間の利上げ予想回数が、3回から4回に変更されるのではないか」との見方や、「FRBバランスシートの縮小に関する話がされる」などの見方があったのですが、それらについては、これまでと変更がなく、

市場は、「予想よりもハト派」と判断することになりました。

昨日の値動きによって、テクニカルに変化が見られますので、そちらに注目していきましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で113.30円台となっています。
昨日はFOMCによって大きく下げましたね。

現在は、レンジ形成に向けた動きです。
レンジの上値は114.90円台で、下値を探る展開となっています。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0720ドル台となっています。
再び上昇が加速する可能性が浮上しました。
目標値は1.09ドル台前半です。

売りシグナルに転換するラインとしては、
1.06ドル台割れ。

ユーロドルは、トレードが難しい状況が続いていますので、ムキにならずに落ち着いて臨みましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で121.60円台となっています。
こちらは、レンジ形成に向けた動きとなっています。

レンジの上値は、122円台半ばで、レンジの下値を探る展開です。

レンジ形成までは様子見となります。

本日のまとめ

ユーロドルが再び上昇の兆しが見えています。

とはいえ、トレードについては、年明けから値動きが荒くて、トレードについては非常に難しい局面が続いていますから、損切りラインを明確にして、臨みたいところですね。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。