【本日のシグナル】ドル円、大きく動くか!?

4月4日(火)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相(@woddy3)です。

昨日は、ドルが円、ユーロに対して下落しましたね。

ロイターの記事によると、

トランプ米大統領が指名した連邦最高裁判事の候補者を議会が承認するのか不透明感が増し、トランプ政権が税制改革などの経済政策を実行に移せるのか懸念が強まった。

としています。

さて、ドル円は、昨日の記事で、非常に大きな動きが起こる可能性を紹介しましたが、果たしてその通りに動くのでしょうか。

ドル円、大きく動く可能性が出ている。具体的な数値も掲載

2017.04.03

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で110.90円台となっています。
昨日は円高に推移しましたね。

昨日の記事でも指摘しましたように、大きな動きが起こる可能性が高まりつつあります。

ポイントとなるのは、110.60円台です。この水準を日足の終値で割れてくるようですと、売りシグナルが点灯となり、
第一目標値109.70円台
第二目標値107.50円台
が算出されそうです。

ということで、本日も円高傾向が続くかどうか、非常に注目されます。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0670ドル台となっています。

こちらは状況かわらず。現在はレンジ形成に向けた動きです。
レンジの上値は1.08ドル台半ばで、レンジの下値を探る動きとなっています。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で118.30円台となっています。

こちらもレンジ形成に向けた動きが継続しています。
レンジの上値は122円台半ばで、ずるずると下値を探る動きが続いています。

3月24日の終値(118.40円)を下回ってきたことで、さらに下げが継続しそうな雰囲気もありますが、とりあえずは、レンジ形成までは様子を見ていきたいと思います。

本日のまとめ

現在は、ドル円が大きく動きそうな兆候が出ています。
ポイントとなる110.60円台で踏ん張れるかどうか、注目しましょう。

ドル円、大きく動く可能性が出ている。具体的な数値も掲載

2017.04.03

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。