【本日のシグナル】ドル円、売りシグナル点灯!

4月12日(水)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相(@woddy3)です。

昨日は、大きく円高に動きましたね。

ロイターによると、

シリアや北朝鮮の情勢を巡る懸念にフランス大統領選の先行き不透明感が加わり、円高が進んだ。市場関係者によると、モスクワの飛行場で黒煙が上がっているとの報道でドル/円が節目の110円を割り込み、円の買い戻しが広がる場面もあった。ただ、この黒煙は付近の草地やごみが燃えているだけだと判明した。

とのことです。

とはいえ、節目の110円を割り込んだことで、さらに円高が進む可能性が出てきていますので、そのポイントについてみていきましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で109.60円台となっています。

これまでレンジ相場で推移していましたが、ついにレンジの下値の110.60円台を割れてきました。
これにより、売りシグナルが点灯となりました。

算出された目標値は、
109.10円台。
第二目標値は、106円台後半が算出されました。

ショートで臨みたい場面となっています。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0600ドル台となっています。

現在は、レンジ形成に向けた動きとなっており、
レンジの上値は1.08ドル台半ばで、下値を探る展開です。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で116.20円台となっています。

ユーロもズルズルと下げていますが、レンジの下値を更新しているところです。
レンジの上値は122円台半ばで、下値を探る展開が続いています。

こちらもレンジ形成までは様子見となります。

本日のまとめ

ドル円がついにレンジの下値を割れてチャンスが到来となりましたね!
目標値を意識して、ショートで臨みたい場面となっています。

エントリーの際は、損切りラインを明確にして臨みましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。主に日足チャートを分析し、裁量トレードをしています。FXメルマガでは、通貨ペアの状況や狙い目をズバッと明記する他、僕が使っているテクニカル分析の方法も公開しています。毎日、ワクワクして過ごしたいですね!よろしくお願いします