【本日のシグナル】ドル円、売りシグナルの目標値達成!

4月13日(木)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相(@woddy3)です。

ドル円は、円高への動きが加速していますね!
昨日は、トランプ大統領から、ドルが強すぎるとの発言もありました。

また、この記事によると、

BKアセット・マネジメントのマネジングディレクター、キャシー・リーン氏は「市場は大きく反応したが、過剰反応ではないか。大統領は(政策が)貿易に関し後退しているわけではないと米国民に訴えて(政策がなかなか実現しないことによる政権への)ダメージを防ぎたいだけかもしれない」と指摘した。

リーン氏はまた、地政学的なリスクを背景に「ドルには既に下押し圧力が掛かっており、さらに圧力を高めるような口実があれば、ドルはさらに値下がりする可能性が高い」と分析。トランプ氏の発言は長期的にドルの重しになるかもしれないとした。

とのことです。

ドル円からしばらく目が離せません。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で109.00円台となっています。

昨日は売りシグナル点灯中で、第一目標値109.10円台、第二目標値106円台後半をお伝えしていましたが、

無事、第一目標値を達成してきましたね!やりました!

ということで、今後は、第二目標値である106円台後半をめざすかどうかがポイントとなります。
注目しましょう!

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0660ドル台となっています。
昨日は上昇を見せましたね。

これにより、現在は、レンジ相場となっています。
レンジの上値は1.08ドル台半ば、レンジの下値は1.05ドル台後半です。

レンジブレイクのタイミングで、シグナル点灯となりますので、注目しましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で116.30円台となっています。

レンジの上値は122円台半ばで、下値を探る展開が続いています。

こちらはレンジ形成までは様子見となります。

本日のまとめ

ドル円が見事に売りシグナルの目標値達成となりましたね!

あとは、第二目標値106円台後半を達成するかどうか、
非常に注目となります。

また、ユーロドルもレンジ相場となりましたので、近いうちにシグナル点灯となるかもしれません。

チャンス到来の際は、勝負したいところですね!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。