ドル円がまだまだ下がる可能性がある。

どうも、トレーダーの川相(@woddy3)です。

僕は、日足チャートを分析して、毎日、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の見通しをこのブログにまとめていますが、

ドル円は、まだまだ下げる余地があるかもしれません。という兆候がでていますので、本日は、そのことについてです。

ドル円の状況

ドル円が下げ始めたのは、3月14日。
この時は、114.70円台から値動きが始まっています。

そして、あれよあれよと、27日の終値では、110.60円台まで下げました。

その後、若干の反発を見せるものの、4月11日から再び下げ始めたという状況ですね。

先週の終値で108.60円台です。

ドル円大きな下げへ

チャート分析から判断すると、
大きな下げの後に、少しの反発をした場合、
その後、さらに大きな下げが起こるということはよくあります。

そのあたりの分析方法については、

ワンランク上のトレーダーになるためのFX勝ちチャート分析マニュアル

こちらで詳しく解説していますので、
分析方法に興味があれば宜しくお願いします。

FX勝ちチャート分析マニュアルQ&A

2017.03.30

で、現在は、
まさに、この動きが起ころうとしていると判断できるのです。

具体的にどこまで円高に!?

では、具体的にどこまで下げる可能性があるのかと言われると、

チャート分析からは、
106円台後半が算出されるというのが、
僕の分析による答えです。

106円台!!!

もちろん、どこかの水準で踏ん張って、持ち直す可能性もありますから、
必ずそうなるということではありませんが、
下方向へ下げる動きが継続することは、意識しておいた方が良さそうです。

では、今週は、そのような動きを意識して、
状況を見ていきましょう。