ユーロ円を狙う!?チャンスが近いか。

トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

今週は、ユーロ円がチャンスが近そうだと見ています。

チャート分析によるユーロ円の状況

ユーロ円は、先週末に上昇したり、下降したりを繰り返しましたので、
とても狭い範囲でのレンジ相場となっています。

レンジの上値は、121円台半ば
レンジの下値は、120円台後半
です。

先週の終値では、121.40円台ですから、
週の前半では、シグナルが点灯となるのではないかと思っています。

ユーロドルは買いシグナル点灯中!?

とはいえ、ユーロドルは現在、買いシグナル点灯中です。

先週の終値では1.0890ドル台となっており、
目標値は1.10ドル台後半が算出されています。

しかしながら、この買いシグナルは4月25日の値動きから点灯したものであって、ここ数日間(26日〜28日)は、”思うように上昇をみせていない”という印象を持っています。

つまり、買いシグナル点灯中ではあるものの、シグナルがこのまま消えることも考えられるということです。

シグナルが消えることになる水準は、
1.08ドル台半ば。

この水準まで下げてくるようですと、
買いシグナルが消えることになります。

ということで、こちらは買いシグナル点灯中ではあるものの、ちょっと怪しいという状況です。

ユーロ円、どちらのシグナルが点灯するかは、、、

ユーロドルが順調に上昇を見せるなら、ユーロ円も上方向へ向かう可能性も高くなりそうです。

しかしながら、ユーロドルの買いシグナルが消えるようですと、
ユーロ円も下げる可能性が高くなりそうです。

何が言いたいのかというと、
ユーロ円がまだどちらのシグナルを出すかは、
全く予想できないということ。

ですから、
今週は、ユーロ円の値動きを追いつつ、ユーロドルにも注目したいと思います。

最後に、
本ブログのシグナル点灯ラインなどの算出方法は、マニュアルにまとめてありますので、その方法を使いたいという方は、そちらをご覧下さいませ。

ワンランク上のトレーダーになるためのFX勝ちチャート分析マニュアル

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。