長期保有のスワップ金利派か、売買益狙いの裁量トレード派か

スワップ狙いか売買益狙いか、中間の立場で判断してみよう

持っているだけでスワップ金利が増えていくという甘い誘いで、初心者プレイヤーを増やしているスワップ金利派。

一方で、スワップ派は、急落した時などに対応できないから、いずれロスカットになるとの意見を持ち、スワップ狙いより、売買益を狙う裁量トレードがいいと主張する派との対立が個人プレイヤーの間では、常に存在している問題といえます。

150415532410_tp_v

僕は、裁量トレードこそが、FXで勝ち続けるために必要なものだと主張してきましたが、今回は、中間の立場で、この問題を紐解いていきたいと思います。

裁量トレードで結果を出すためには時間がかかる

裁量トレードはそう簡単にはうまくいきません。自分で目標値を算出したり、損切りや利確を繰り返し、長い期間をかけてスキルアップをした者だけが、結果を出すことができるトレードスタイルです。

ですから、結果がでるまでには、時間がかかるのです。常に冷静に取引ができるように、苦しい思いも経験して、ようやく力が出せるようになります。

しかし、結果が出るまでには長く時間がかかるものですから、多くの人が、簡単に勝てないFXが嫌になるようです。
pak86_youtubemiteruo20141221140217_tp_v

スワップ派の甘いささやき

スワップ派は、高金利通貨のロングポジションを保有しているだけで、あとはほったらかしで、金利が積みあがっていくと主張します。

現在は、日本は低金利ですから、高金利通貨を持っておくだけで、かなり高い金利を得ることができます。

高金利通貨とは、トルコリラ円、豪ドル円、南アフリカランド円などですね。

「ポジションを持っているだけで、1日に100円ほど増えていく」、などというセールストークを聞くと、裁量トレードでうまくいかなかった人は、そちらに流れていこうとしてしまうのはよくわかります。

スワップ派が勢いを増すとき

スワップ派が最もうれしいのは、高金利がついて、しかも、為替レートも上がって、「金利」と、「為替差益」の両方を得れるという状況です。

現に、高金利通貨がブームになったときは、為替レートも上がり、スワップトレーダーたちは絶好調だったと思います。

ook95_ageage20131223_tp_v

スワップ派で一番うまく稼いだ人

スワップ派が勢いを増すと、裁量トレードでうまくいっていない人たちは、そちらに流れます。そして、高金利通貨ブームにのっとって、あらたにスワップトレードを始めるのです。

しかし、高金利が得れて、さらには、為替差益も得れる状況は、長くは続きません。

確かに、持っているだけで金利がついていくという状況は、とても魅力的ではありますが、市場は、そういう状況をつくりださないような動きをすることがほとんどです。

つまり、為替レートがさがることによって、金利分が吹き飛ぶような動きをすることが多いということです。(これ重要!)

ということは、高金利通貨がブームになった時の上昇で、トレードの決済をした人が、一番うまく稼いだ人ということですね。

というか、高金利通貨の為替レートをつり上げるために、ブームを作っているといっても過言ではないかもしれません。

裁量トレーダーの勢いが増すとき

高金利通貨が暴落を見せると、「ざまあみろ」と勢いを増すのが、裁量トレーダーです。

green21_hyuhyu20141123121153_tp_v
ずっと持っているだけで、稼げるわけがないだろう。そんなんなら、みんな金持ちになっているだろう。と、スワップ派を攻撃するわけです。

このような状況を迎え、スワップトレーダーは、ようやく裁量トレードのスキルの必要性に気が付くのです。

そして、また次の高金利通貨が注目されるようになる

しばらくすると、また別の高金利通貨が注目されるようになります。

どこかの国の通貨は、過去このくらいまでしか下がっていなくて、金利が高い。だから、今が狙い目だという情報があふれます。

つまり、また高金利ブームが起き始めるのです。

すると、裁量トレードでうまくいっていない人は、そちらに流れる。

(以下、繰り返し)

まとめ

これは、永遠と繰り返される、スワップ派と裁量トレード派のやり取りなのです。

どちらがいいという結論的なものはありませんが、一つ言えることは、スワップトレードでも裁量トレードでも、自分の思いとは違う方向へ動き出した時には、すぐにスタンスの変更をしなければいけないということです。

タイミングを見て、決済をすることが勝つ秘訣。
場合によっては、あっさりと損切りをすることも大事なのです。

僕らが胸に刻んでおきたいことは、
「一つのポジションにしがみついた時、もうすでに負けは確定している」ということなのかもしれません。

スワップ派と裁量トレード派のやりとりに、振り回されずに、自分の形をしっかりと作り上げたいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。