【本日のシグナル】売りシグナル点灯!買いシグナル点灯!目標値をチェックしよう。

5月17日(水)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ユーロドルが大きく上昇しましたね。

ロイターの記事によると、

終盤のニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで上昇して約半年ぶりの高値を付けた。弱い米経済指標の発表や、トランプ米大統領がロシアに外交機密を漏らしたと伝えられて今後の政策運営への懸念が広がったことを背景に、ドルが幅広く下落した。

直近のユーロ/ドルは1.06%高の1.1089ドル、ドル/円は0.64%安の113.08円。

ドルは朝方、4月米住宅着工件数が市場予想を下回った影響で売りが先行。その後は
4月米製造業生産が3年2カ月ぶりの伸びを示すと一時持ち直したが、終盤に再び下げ歩調となった。

とのことです。

さて、昨日の動きによって、テクニカル分析にも変化が見られますので、そちらの方を見ていきましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で113.00円台となっています。
昨日は円高に推移しましたね。

この動きを受けて、これまでのレンジの下値113.20円台を割れてきましたので、売りシグナルが点灯となりました!

算出された目標値は112.00円台です。

シグナル転換ラインとしては、113.70円台を超えた水準となります。

損切りラインを明確にして、ショートで狙いたい場面となっています。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1080ドル台となっています。
こちらは、大きな上昇を見せましたね。

これにより、これまでのレンジの上値だった1.09ドル台後半を超えてきましたので、買いシグナルが点灯となりました!

算出された目標値は、1.12ドル台前半です。

上昇の勢いが止まる水準としては、今のところ、1.10ドル台前半まで下げた時となります。

ということで、こちらは、ロングで攻めたい場面となっています。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で125.30円台となっています。
ユーロドルの影響もあって、若干の上昇を見せましたね。

現在は、レンジ形成に向けた動きとなっています。

レンジが形成されるまでは、様子見となります。

本日のまとめ

ドル円、ユーロドルが、シグナル点灯となり、チャンスが到来しています。

シグナル通りに順調に動くことを期待したいですが、
目標値まで届かず、反転することもありますので、
損切りラインはしっかりと意識して、トレードに臨みたいところです。

がんばりましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。