【本日のシグナル】ドル円売りシグナル点灯中、ユーロは上昇!

6月1日(木)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

今日から6月ですねぇ〜。
早いものです。

昨日は、ドルの弱さが目立ちました。

ロイターの記事によると、

31日のニューヨーク外為市場では、ドルが円に対して一時、2週間ぶりの安値に下落。ドルはユーロに対しては過去1週間強で最低の水準となった。米国の政治情勢が緊迫化する中、ドルを売る動きが広がった。

終盤のドル/円JPY=は0.1%安の110.67円。ユーロ/ドルEUR=は0.5%高の1.1236ドル。主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.3%安の96.99で推移している。

欧州中央銀行(ECB)が金融緩和を維持する方針を明確に打ち出しているにもかかわらず、ドルはユーロに対して5月に月間では過去1年強で最大の下げを記録。主要6通貨に対するドル指数も月間では1月以降で最大の下落率となった。

とのことです。

6月2日(金)21:30には、米雇用統計が発表されますね。
この結果よっては、6月13~14日のFOMCで、利上げがされるかどうかにも影響を与えそうです。

ちなみに、現在のアメリカの6月利上げ織込み確率については、

先物市場は現在、FRBが6月に政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げる確率を86%と織り込んでいる。
ロイターより引用

としています。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で110.70円台となっています。

現在は、売りシグナル点灯中で、
第一目標値は、109.60円台、
第二目標値は109.00円台が算出されています。

目標値達成を期待したいところです。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1240ドル台となっています。
こちらは上昇を見せましたね。

これにより、現在は、レンジ相場となりました。

現在のレンジの範囲は、
上値1.12ドル台前半
下値1.11ドル台半ば
です。

昨日の終値では、レンジの上値にピタッと接近した状態ですので、
本日以降、上昇を見せるようですと、買いシグナルが点灯することとなりそうです。

もしそうなった時は、
目標値として1.14ドル台半ばが算出されそうです。

注目しましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で124.50円台となっています。
こちらも、ユーロドルの上昇に合わせて、上昇を見せましたね。

現在は、レンジ相場となっています。
レンジの範囲は、上値125円台前半で、
下値123円台後半です。

チャンスが来るまで、しっかりと待ちたいところです。

本日のまとめ

ドル円が売りシグナル点灯中ですね。
また、ユーロ円は、売りシグナルが点灯しそうな雰囲気もありましたが、
粘っていますね。

慌てず、状況を見ていきたいですね。

頑張りましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。