【本日のシグナル】ユーロドルは売りシグナル点灯中です。

6月20日(火)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日のドルは、上昇を見せましたね。

ロイターによると、

19日終盤のニューヨーク外為市場では、ニューヨーク連銀のダドリー総裁が賃金の上昇により国内のインフレ率が高まるとの見方を示したことを受け、ドルが上昇した。

円はドルとユーロに対して約2週間ぶりの低水準に下落した。日銀が16日の金融政
策決定会合で金融緩和の解除に着手する可能性に踏み込んで言及しなかったことを受け、円が売られた。

とのことです。

また、米は景気回復局面が続くとの見方も。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で111.50円台となっています。
昨日は上昇を見せましたね。

現在は、次のレンジ形成に向けた動きとの判断です。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1150ドル台となっています。

こちらは昨日のブログでも取り上げましたように、

【今週の狙い目】僕が注目している通貨ペアはこれだ!

2017.06.19

現在は、売りシグナル点灯中です。

目標値は、1.08ドル台半ばです。

ただし、順調に下げたとしても、1.1000ドル台前後の水準では、下げ止まりやすくなっておりますので、注意しましょう。

また、逆に上昇を見せて、1.12ドル台に乗せてくるようですと、
売りシグナルは消灯することになります。

本日以降の値動きに注目です。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で124.30円台となっています。

現在は、次のレンジ形成に向けた動きとなっています。

レンジの下値は、122円台後半で、
レンジの上値を探る展開です。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

本日のまとめ

テクニカル分析からは、ユーロドルが売りシグナル点灯中となっていますね。
損切りラインを明確にして、トレードに臨みたい場面です。

また、現在は、経済指標や要人発言で、大きく動く場面が続いていますので、それによる相場の変化にもしっかりと対応できるようにしておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。