【今週の状況】ドルとユーロの今週のポイントを見ていきましょう。

おはようございます、トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

先週の為替相場は、特にユーロ円で大きな動きが見られました。

6月23日(金)の終値と、30日(金)の終値を比較すると、
ドル円で1.05%の円安、
ユーロドルで、1.97%のユーロ高
でした。

そして、ドル円とユーロドルの上昇によって、
ユーロ円は、約3%の上昇となったのです。

さて、今週は、どのような動きが予想されるのでしょうか。

今週の注目の通貨ペア

先週の上昇相場を受けて、今後はどうなるのかを予想すると、、、

難しい。。。というのが本音です。

まあ、強いていうならば、
ユーロドルもユーロ円も、上がるところまで上がっているのではないか、という感じがしています。

ですから、週明けから、さらにグイグイと上昇するような感じは想像しておらず、
ぼちぼち反落ポイントを探りにいくような感じで推移するのではないかと見ているということです。

具体的な数値を意識するとしたら

週末のドル円の終値は、112.40円台となっています。
今後は、次のレンジ形成に向けた動きになる、というのがメインのシナリオですが、

あえて、上昇の可能性を探るとするならば、
113.10円台を目指して動く
ことが考えられます。

ということで、上昇の場合は、113.10円台という数値を意識して、トレードに臨みたいところです。

また、ユーロドルについても、
基本的には、次のレンジ形成に向けた動きとの判断になりますが、

こちらもさらなる上昇の可能性を探るならば、
1.15ドル台前半までの上昇が考えられそうです。

最後に

今週は、積極的に狙っていくスタンスよりは、”次のレンジが明確に見えてくるまでは待つ”というスタンスが良さそうです。ですから、比較的落ち着いて、相場の状況を見ていきたい場面といえそうです。

とはいえ、ドル円、ユーロドルは、上で示したポイントまで上昇する可能性はありますので、
その水準は意識しておきたいところです。

では今週もがんばりましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。