【今週の狙い目】狙い目の通貨ペアはコレで決まり!

おはようございます、トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

先週は、ドル円が114円台を記録するなど、
円安への動きが加速する状況となりましたね。

ユーロ円については、
6月15日から上昇が続いており、その頃、123円台前後だったのが、先週の終値では129円台後半まで伸ばしてきています。

さて、このような状況の中で、今週の注目となる通貨ペアを消化し痛いと思います。

注目の通貨ペア

ドル円、ユーロ円の上昇がどこまで続くかについては、
非常に興味の湧くところで、
トレードをしたくなるような雰囲気ではありますが、

チャート分析からチャンスが近いと思われるのは、
ズバリ、ユーロドル!

ユーロドルの状況

ユーロドルは、現在狭い範囲のレンジ相場となっています。

レンジの上値は1.14ドル台前半、
レンジの下値は1.13ドル台前半です。

もし仮に、レンジの上値1.14ドル台前半を超えてきた場合、買いシグナルが点灯となり、1.16ドル台半ばが目標値として算出されます。

逆に、レンジの下値1.13ドル台前半を割れてくるようですと、売りシグナル点灯となり、1.10ドル台前半が目標値として算出されます。

ということで、
狭いレンジ相場となっていますので、
シグナル点灯が近いと考えられます。

注目しましょう。

注意点

ユーロドルは値動きが荒いという特徴がありますので、
トレードもやや難しいです。

ポジションを取ってから、値動きを見てアタフタすることが多い人は、
ポジションを小分けにして取っていく方法が有効かと思われます。

例)
ポジションを取った3時間後に、追加のポジションをとるなど。(12時間後でも1日後でも、自分のスタイルにあったものを見つけてください)

そうするだけで、値動きの平均値でポジションを取れますので、比較的落ち着いてトレードに望むことができると思います。

ユーロドルがチャンス到来の際は、一度お試しあれ!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。