【本日のシグナル】ユーロドルが買いシグナル点灯!

7月12日(水)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日のドル円は、一時114.50円台前後まで上昇を見せましたが、終値では、113.90円台まで下げています。

ロイターによると、

終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して下落した。トランプ米大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏が昨年の米大統領選中にロシア人弁護士と会合したとされる問題を巡り、一連の電子メールを公開したことが嫌気された。

とのことです。

また、ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事は11日、雇用と成長に関する経済指標が持ちこたえる限り、FRBはバランスシートの縮小に近く着手すべきとの認識を示しており(ロイターより)、

アナリストの間では、FRBが9月にバランスシート縮小を開始し、その後12月に追加利上げに踏み切るとの見方が大勢となっている。

とはいえ、7月のFOMCで、バランスシート縮小を開始する可能性もゼロではないのではないかと思っています。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で113.90円台となっています。

現在は、レンジ形成に向けた動きとの判断です。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1460ドル台となっています。
こちらは上昇を見せてきましたね。

これによって、これまでのレンジの上値1.14ドル台前半を超えて来ましたので、
買いシグナルが点灯となりました!

算出された目標値は、1.16ドル台前半です。

ということで、ロングで勝負したい場面となっています。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で130.60円台となっています。

こちらは、レンジ形成に向けた動きとの判断です。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

本日のまとめ

ユーロドルが買いシグナル点灯となりましたね!

ユーロドルは値動きが荒いため、
トレードはやや難しいですが、
損切りラインを明確にして、落ち着いて臨みたいところです。

がんばりましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。