【今週の狙い目】先週は、目標値をズバッと的中!今週のチャンスも見逃すな。

おはようございます、トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

先週は、ドル安の動きとなり、ドル円は円高へ、ユーロドルは上昇を見せましたね。

それらを踏まえて、
今週は、どの通貨ペアが大きく動くことになるのか、
チャート分析から見えてくる狙い目について
まとめます。

今週の狙い目の通貨ペア

今週の狙い目は、ズバリ、
ユーロ円
です。

なぜならば、
先週の動きにより、レンジ相場となっているためです。

レンジ相場は、一定の範囲内で動くということですが、
いつか、その範囲を超えて動くことになります。

その、範囲を超えたとき、
シグナルが点灯し、
大きな動きを見せることになるのです。

ですから、レンジ相場が形成されると、
チャンスが近いということですね。

現在のユーロ円は、レンジ相場で、
尚且つ、そのレンジも比較的狭いため、チャンスが近いと見ているのです。

具体的な数値

それでは、
ユーロ円の具体的なレンジの範囲、目標値について見ていきましょう。

現在のユーロ円は、
レンジの上値は、130円台半ばで、
レンジの下値は、128円台後半です。

もし、週明けからも上昇が続き、130円台半ばを超えてくるようですと、
買いシグナルが点灯となり、132円台前半が目標値として算出されそうです。

逆に、円高となり、128円台後半を割れてくるようですと、
売りシグナルが点灯となり、126円台半ばが目標値として算出されそうです。

どちらになっても200pipsくらい狙えそうな場面ですね。

最後に

先週は、ユーロドルが、買いシグナルの目標値をズバっと的中させました。

1.14ドル台前半を超えたことにより、買いシグナル点灯、
そして、目標値が1.16ドル台半ば。

それを予定どおりに達成して、約200pipsでしたね。

今週もユーロ円で、
同じような展開が期待できるということで、
アツい場面となっているのです。

今週は、FOMCも予定されていますから、
その内容によっても大きく動くことも予想されます。


それらも意識して、状況を見ていきたいですね!
がんばりましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。