【本日のシグナル】ドル円、上昇へ!ユーロ円はシグナル点灯目前!

7月26日(水)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ドル円が上昇しましたね。

111円台前半で踏ん張るか、または、111円台を割れて、109円台までズルズル下げるのか、非常に注目となっていましたが、
どうやら、一旦は下げ止まる動きとなったようです。

ロイターでは次のように解説しています。

25日終盤のニューヨーク外為市場では、主要6通貨に対するドル指数.DXYが1年1カ月ぶりの安値から持ち直して小幅高となった。投資家の間ではトランプ米大統領が財政支出拡大を伴う政策を遂行することへの期待が高まる一方、米経済の短期的な見通しが引き続き懸念要因となっている。

では次は、テクニカル分析の内容を見ていきましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で111.80円台となっています。
昨日は、上昇を見せましたね。

これにより、レンジ相場となりました。

レンジの上値は、114.00円台で、
レンジの下値は、111.10円台です。

レンジブレイクの時に、シグナルが点灯となりますので、
それまでは、様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1640ドル台となっています。

こちらはレンジ形成に向けた動きが続いています。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で130.30円台となっています。

こちらはレンジ相場です。

レンジの上値は130円台半ば
レンジの下値は128円台後半
となっています。

130円台半ばを超えてくるようですと、
買いシグナルが点灯となり、132円台前半が目標値として算出されます。

128円台後半を割れてくるようですと、
売りシグナルが点灯となり、126円台半ばが目標値として算出されます。

現在は、レンジの上値に接近していますので、
買いシグナルが点灯するかどうか、非常に注目されます。

本日のまとめ

注目しているユーロ円のチャンスが近そうですね!
シグナル点灯ラインを意識して、
チャンス到来の際は、しっかりとトレードをしていきたいところです。

また、ドル円もようやくレンジ相場となりました。

こちらも徐々にレンジの範囲を狭くして、
チャンスが来ると思われますので、
それまでは、状況を見守りましょう。

では、本日もがんばりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。