【本日のシグナル】ドル円もチャンスが近い!?

7月27日(木)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日のドル円は、円高に推移しましたね。

ロイターによると、

終盤のニューヨーク外為市場では、ドルがほぼ全面安の展開となり、対円で111円台前半に下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の内容がハト派的と受け止められ、ドルが売られた。

とのことです。

また、FOMCの内容については、次の通り。

米連邦準備理事会(FRB)は26日まで開催したFOMCで金利を据え置くとともに、会合後に公表した声明でバランスシートの縮小に「比較的早期に」着手する考えを示した。

金利据え置きは予想通りだったが、バランスシート縮小の開始時期に関する言い回しは前回FOMC声明の「年内」から手直しされた。

バランスシート縮小の開始時期については、
9月のFOMCということになりそうです。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で111.20円台となっています。

昨日の円高によって、レンジの幅が狭くなっています。

状況としては、
レンジの上値は、111.80円台で、
レンジの下値は、111.10円台のレンジ相場です。

もし、111.10円台を下回るようですと、
110.20円台を目標値とした売りシグナルが点灯となりそうです。

逆に、111.80円台を超えてくるようですと、
113.00円台を目標値とした買いシグナルが点灯となりそうです。

チャンスが近そうですので、
注目しましょう。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1730ドル台となっています。
こちらは上昇をみせていますね。

現在は次のレンジ形成に向けて、
落ち着きどころを探っている展開です。

ですので、
レンジが形成されるまでは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で130.40円台となっています。

こちらはレンジ相場です。

レンジの上値は130円台半ば
レンジの下値は128円台後半
です。

昨日の値動きで、レンジの上値に接近していますので、
このまま上昇することができるかどうかがポイントとなりそうです。

このまま上昇する場合は、
132円台前半が目標値として算出されます。

注目しましょう!

本日のまとめ

昨日のFOMC。専門家の見方もチェックしましょう。

テクニカル分析からは、
ユーロ円、ドル円がチャンスが近くなっていますね。

このままシグナルが点灯となるか、非常に注目されます。

では、本日も頑張りましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。