【本日のシグナル】ドル円、ユーロ円はチャンスが近い!?

7月28日(金)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、これまで売られていたドルが、やや持ち直しましたね。

ロイターによると、

27日終盤のニューヨーク外為市場ではドルが主要通貨に対して上昇した。ドルは朝方、前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表後に売られた流れが続いていたが、堅調な米経済指標を受けて持ち直した。

とのことです。

では、各通貨ペアの状況を見ていきましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で111.20円台となっています。

現在はレンジ相場です。
レンジの上値は111.80円台で、
レンジの下値は111.10円台。

もしも、レンジの下値111.10円台を割れてくるようですと、
110.20円台を目標値とした売りシグナルが点灯となりそうです。

逆に、レンジの上値111.80円台を超えてくるようですと、
113.00円台を目標値とした買いシグナルが点灯となりそうです。

レンジの範囲も狭くなっていますので、シグナル点灯も近そうですね。
ドル円から目が離せません。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1670ドル台となっています。

現在は次のレンジ形成に向けた動きです。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で129.90円台となっています。

昨日は、買いシグナル点灯が期待されましたが、
結局、下げる展開となりましたね。

ということで、
レンジ相場継続中です。

レンジの上値は130円台半ば、
レンジの下値は128円台後半
です。

今後の値動きに注目ですね。

本日のまとめ

買いシグナル点灯が期待されたユーロ円は、
上昇ならず。
まだ次のチャンスまで、待ちたいところです。

ドル円もチャンスは近そうですので、
チャンスを狙いたいですね。

がんばりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。