【本日のシグナル】ユーロ円、買いシグナル点灯!目標値を確認せよ。

8月3日(木)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日はユーロが買われ、ドルが売られましたね。

ロイターによると、

終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対ユーロで下落。米連邦準備理事会(FRB)の年内追加利上げに懐疑的な見方が広がる一方、欧州中央銀行(ECB)はタカ派色を強めるとの観測からユーロ買い/ドル売りが活発化し、ドルは対ユーロで一時2年半強ぶりの安値をつけた。

とのことです。

昨日の値動きで、チャートにも変化が見られますので、
それらについて見ていきましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で110.70円台となっています。
昨日は、上昇を見せましたね。

振り返れば、7月31日に売りシグナルの目標値110.20円台をしっかりと達成しまして、
その後は、そのあたりの水準でうろついたものの、そのまま反発する流れとなりました。

改めて、目標値がズバッと的中していることがわかりますね^^

現在は、レンジ形成に向けた動きで、
レンジの下値は、110.20円台で、
レンジの上値を探る展開です。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1850ドル台となっています。
こちらは上昇が続いています。

現在は、次のレンジ形成に向けた動きとの判断です。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で131.20円台となっています。
昨日は上昇を見せましたね。

この上昇により、
これまでレンジの上値と判断されていた130円台半ばを超えてきましたので、買いシグナルが点灯となりました。

算出された目標値は、
133円台半ば
です。

とはいえ、
少し慎重に分析するならば、
まず、132円台前半が第一目標値と見ることができます。

ということで、
第一目標値132円台前半、
第二目標値133円台半ば
となります。

買いシグナルが消灯する水準としては、今のところ、130円台半ばまで下げてきた時です。もし、日足の終値でその水準まで下げるようですと、買いシグナルは消灯となります。

本日のまとめ

ユーロ円がついに買いシグナル点灯となりましたね!

目標値をしっかりと捉えることができるかどうか、
注目される場面となっています。

トレードの際は、損切りラインを明確にして、
落ち着いて臨みましょう。

それでは、本日も頑張りましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。