【本日のシグナル】ジャクソンホール会議をにらんだ展開。

8月23日(水)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日のドル円は上昇を見せましたね。

ロイターによると、

22日のニューヨーク外為市場では、ドルが上昇。欧州の経済指標が予想より弱かったことや、米ワイオミング州ジャクソンホールで開催される経済シンポジウムを控えた持ち高調整の動きから、ユーロ売り/ドル買いが広がった。

とのことです。

今週は、明日からのジャクソンホール会議への思惑によって、やや落ち着かない値動きとなっているように思います。

ジャクソンホール会議については、
昨日のブログにもまとめましたので、ぜひご覧ください。

ジャクソンホール会議って何か分かる?僕は注目しています。

2017.08.22

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で109.50円台となっています。
昨日は上昇をみせましたね。

現在は、売りシグナルが点灯中。
買いシグナルへの転換ラインは、110.60円台を超えた時となります。

今後は、再び下げる場面がきて、目標値を捉えてくるか、
シグナルが転換となるか、注目したいところです。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1760ドル台となっています。
昨日は下げましたね。

これまでは、下げる期待が大きかったのですが、21日に一時反発したことによって、
現在は、レンジ内の動きとの判断をしています。

レンジの範囲は、1.17ドル台前半から1.18ドル台前半。

この範囲を超えた時に、大きく動くことが期待されますので、
注目しましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で128.90円台となっています。

こちらは売りシグナル点灯継続中です。

目標値126円台後半、
シグナル消灯ライン129円台のせ、
の目処はこれまでと同様です。

昨日は、ドル円の上昇により、シグナル消灯ラインに接近していますので、
注意したいですね。

本日のまとめ

今週は、ジャクソンホール会議をにらんだ展開となっていますね。

それぞれの通貨ペアのポイントとなる水準を意識してトレードに臨みたいですね。

ちなみに、僕は、ジャクソンホール会議については、次のように見ています。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。