【今週の狙い目】ドル円は下か、上か。ポイントとなる水準をチェック。

どうも、トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

先週は、ジャクソンホール会議でFRBイエレン総裁とECBドラギ総裁の講演が予定されていたことから、この内容をめぐる思惑によって、不安定な相場となりましたね。

結局、イエレン総裁は、金融政策についての言及はありませんでしたが、「何か話すのではないか」と見ていた市場にとっては、言及がなかったことによってドルが売られることとなりました。

また、ドラギ総裁は、ユーロ高への牽制があるとの見方があったのですが、そちらもなく、
ユーロ高へ推移することになりました。

この結果、テクニカル分析の観点からも、変化が見られますので、
週明けの月曜日は、恒例の”今週の狙い目通貨ペア”について、紹介します。

最近は、ツイッターも活用して、ブログ作成をしています。
よろしければ、ツイッターのフォローもお願いします。

今週の狙い目通貨ペア

ドル円のチャートを振り返ると、
21日(月)の値動きから、売りシグナルが点灯となり、目標値108.20円台が算出されましたが、

結局108.90円台をなかなか割ることができず、
下げ渋っている状況。先週の終値で109.30円台です。

現状については、次の通り。

ということで、
週明けから上昇を見せるか、再び下げの場面に突入するか、
注目となります。

ユーロの状況は?

ユーロドル、ユーロ円についても、
大きく上昇したことにより、テクニカル分析の観点から変化が見られます。

詳細情報(週末の情報配信)は、
FACEBOOKグループで行なっておりますので、
詳細を見る場合は、そちらへの参加をお願いします。

無料グループです。
裁量トレーダーのためのFXラボ

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。