【本日のシグナル】ドル円が売りシグナルの目標値をズバッと達成!

9月6日(水)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日のドル円は、円高が進みましたね。

ロイターによると、

ニューヨーク外為市場ではドルが安全通貨とされる円に対し大きく下落した。週末に核実験を実施した北朝鮮を巡る懸念のほか、米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事が低インフレに言及し、FRBは物価が上向いていると確信を持てるまで利上げに慎重になる必要があるとの考えを示したことが背景。

とのことです。

このように、円高がどんどんと進んでいますが、
年末に向けても、円高傾向が続く可能性があると、僕は思っています。
(多くの投資家は、日米の金利差から円安になると見ていますが。)

そのような内容もまとめていますので、
こちらの記事もご確認ください。

金利差から円安になる!?いえ、円高になる可能性の方が高いんじゃないですか?

2017.09.05

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で108.80円台となっています。
昨日は、一時108.60円台まで円高になりましたね。

振り返ると、ドル円は、昨日の朝のブログで、売りシグナルの点灯を報告したところでした。

すると、その日のうちに、ずるずると円高が進み、
一気に目標値である108.70円台を捉えてきました。

シグナル点灯を確認してから、ショートポジションを取ったとしても、
簡単に100pips前後の利確ができたのではないでしょうか。
トレードをした皆さん、おめでとうございます!

で、現在の状況は、
次のレンジ形成に向けた動きとの判断になります。

ということで、
レンジが明確になるまでは、様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1910ドル台となっています。

こちらは、レンジ形成に向けた動きとなっています。

レンジの上値は1.19ドル台後半で、
レンジの下値を探る展開です。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で129.60円台となっています。

こちらも現在はレンジ形成に向けた動きとの判断です。

レンジの上値は131円台前半で、
レンジの下値を探る展開です。

レンジ形成までは様子見となります。

本日のまとめ

ドル円が、気持ちよく、売りシグナルの目標値をズバッと達成してくれましたね!
やりました!

予想通りの展開で、あっさりと利確ができたのではないかと思います。

ということで、
また、次のチャンスが到来まで、待ちたいところです。

それでは、本日も頑張りましょう。