ドル円、売りシグナルがズバッと的中。的中具合を確認しよう。【振り返り】

どうも、トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

僕が使っているチャート分析については、
本ブログにて、何度も紹介をしてきました。

ポイント&フィギュアとは?僕のテクニカル分析の概要について。

2017.09.06

チャートを分析することによって、
目標値を算出できるため、
トレードに役立つ最強のツールになっていると僕は思っているのですが、

9月4日のドル円の売りシグナルについても、
すごくズバッと的中しておりますので、
どのくらいズバッと的中したのかについて、確認したいと思います。

また、9月7日にも、ドル円は売りシグナル点灯となり、
そのまま翌日に目標値を達成しましたので、そちらも確認します。

ドル円、レンジ相場までの振り返り

ドル円は、9月1日(金)までの値動きから、
レンジ相場となっていました。

その範囲は、非常に狭く、
レンジの上値が110.30円台、
レンジの下値が109.90円台
となっており、

その範囲は、たったの40銭ほどです。

1日(金)の週末を終えた時点で、
40銭ほどのレンジ相場だったため、
週明けからは、すぐにレンジブレイクとなり、シグナルが点灯することが期待されていました。

レンジブレイクとなった場合の算出される目標値

僕が使っている分析方法を使えば、
レンジブレイクとなった場合の目標値の算出をすることができますので、

その方法に従って、算出されるであろう目標値を計算すると、

もしも、レンジの上値を超えてくると、
111.20円台を目標値とした買いシグナルが点灯となり、

逆に、レンジの下値を割れてくると、
108.70円台を目標値とした売りシグナルが点灯することが、
計算により算出されました。

(ちなみに、これは、週末に情報発信をしている、
FACEBOOKグループでも書いています。)

裁量トレーダーのためのFXラボ

週明けの値動き

週明けの9月4日(月)に、予想通り、動きが起こります。

9月4日は、円高に推移する動きとなり、その日の終値で(翌朝の時点)で、109.60円台となりました。

つまり、

レンジの下値109.90円台を割れてきたために、売りシグナルが点灯となり、目標値として、108.70円台が算出されたということです。

9月5日のドル円

9月5日(火)は、朝のブログで、
ドル円の売りシグナル点灯を報告しました。

もちろん目標値の108.70円台も報告しています。

これがその時のブログです。

【本日のシグナル】ドル円が売りシグナル点灯!!

2017.09.05

で、この日の値動きですが、
予定通りに円高に推移することになりました。

この日は、一時108.60円台を記録する円高となり、終値でも108.70円台となりました。

つまり、目標値108.70円台をビタッと捉えてきたことになりますね。
(素晴らしい!)

9月6日のドル円

目標値を捉えた次の日(9月6日)のドル円の値動きは、

一時的に、108.40円台まで下げる場面もありましたが、
徐々に上昇へと転換していきます。

結局、終値では、109.30円台まで戻すこととなったのです。

9月4日のシグナル点灯から目標値達成後までのまとめ

このように、今回のドル円の売りシグナルを見ると、

予定通り目標値の108.70円台まで下げ、

そして、その後は、円安になり109.30円台まで戻しているのです。


ですから、
シグナルに沿ってトレードをしたとしたら、

めちゃくちゃいい水準で決済ができているのです。

具体的には、
シグナル点灯時の109.60円台でショートポジションを取り、
108.70円台で決済ができているということ。

あっさりと、90pipsを獲得できたことになります。

素晴らしい!

(この分析手法については、公開をしていますので、興味のある方は、下の関連記事をご覧ください)

【全て公開】ワンランク上のトレーダーになるためのFX勝ちチャート分析マニュアル

2017.03.25

9月7日のドル円

その後、9月7日には、再び円高に推移しました。その結果、再び売りシグナルが点灯となったのです。(ブログで報告した通りです。)

【本日のシグナル】ドル円、再び売りシグナル点灯!ユーロドル、

2017.09.08

9月7日の終値では、108.40円台。(売りシグナルが点灯)
算出された目標値は、107.90円台です。

で、9月8日には、一時107.30円台まで下げる場面があり、
目標値の107.90円台まではあっさりと達成となりました。

軽く50pipsを獲得ですね!

目標値達成後は

目標値達成後は、一時107.30円台まで下げる場面がありました。

この時、ツイッターでは、ドル円がさらにどんどん下げるんじゃないかという感じで、盛り上がっていました。

でも、今回算出されている売りシグナルの目標値は、
107.90円台でしたので、
僕は、このままどんどん下げるとは思えませんでしたので、

状況を見守ることにしました。

すると、107.30円台まで記録した後は、
値を戻し始め、
一時は108円台を回復する動きにもなりました。(最終的な終値では、107.80円台)

ですから、目標値よりも下げ始めても、
焦ってショートで追っかけて、含み損を抱えることから逃れることができたのです。

トレードにおいては、
目標値が明確に算出されているというのは、本当にやりやすいです。

ですから、ぜひ今後もブログを参考にしていただけたらと思います^^

【全て公開】ワンランク上のトレーダーになるためのFX勝ちチャート分析マニュアル

2017.03.25