【本日のシグナル】ユーロドル、下げる。ユーロ円が買いシグナル点灯!

9月12日(火)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ドルが大きく買われる流れとなりましたね。

ロイターによると、次の通りです。

ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。大型ハリケーン「イルマ」が熱帯低気圧に弱
まったことや、北朝鮮が前週末に核実験を行わなかったことを受けて安心感が広がった。
対円では1.5%と大幅に値上がりし109円台半ば付近で取引された。値上がり
幅は約8カ月ぶりの大きさとなる勢い。

主要6通貨に対するドル指数は0.66%高の91.957。前週末には91.011と2年半ぶりの安値をつけていた。

ジェフリーズ(ニューヨーク)のブラッド・ベクテル氏は「買い安心感からドルが多
少値上がりした。週末にかけてかなり売られ過ぎの状態だった」と述べた。

北朝鮮では9日に建国記念日を迎えたものの、ミサイル発射や核実験などは行われなかった。またハリケーン「イルマ」は週末に南部フロリダ州を直撃したものの、その後勢
力は弱まり熱帯低気圧に変わった。

こうした流れを受け、この日の市場ではリスク選好が改善し、米国株は値上がりする
一方、米国債価格は下落した。

このドル買いにより、
テクニカル分析の観点からも変化が見られますので、見ていきましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で109.20円台となっています。
昨日は大きく上昇を見せましたね。

現在はレンジ形成の動きとなっており、
レンジの下値は、107.80円台で、
レンジの上値を探る展開です。

どこまで上値を伸ばしてくるかに注目です。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1950ドル台となっています。
昨日は、大きく下げましたね。

これまで買いシグナルが点灯となっていたユーロドルですが、
昨日の下げによって、シグナル消灯ラインの1.19ドル台半ばまで下げることとなりました。

そのため、現在は、いったん上昇の勢いが止まったとの判断になります。

もし今後、再び上昇を見せ、1.20ドル台半ばを超えてくるようですと、
再び、1.22ドル台前半を目指す動きが期待できますが、

1.20ドル台半ばまで上昇するまでは、様子を見たいと思います。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で130.80円台となっています。
こちらは、上昇をみせましたね。

この上昇により、
これまでのレンジの上値130円台半ばを超えてきたため、
買いシグナルが点灯となりました。

算出された目標値は、133円台半ば

もし順調に上昇を見せたとして、
注意すべき水準は、

131円台前半、132円台半ば、です。

この水準は、現在、上値を抑えやすい水準となっており、
今後、ユーロ円が順調に上昇したとしても、
そこで跳ね返される可能性がありますので、意識しておきたいところです。

また、今のところ、130円台前半まで下げるようですと、
買いシグナルは一旦消灯となりますので、そのことも意識しておきましょう。

本日のまとめ

ユーロドルは、昨日の下げによって、
上昇の勢いが止まってしまいました。(残念)

現在、ユーロ系の通貨ペアのテクニカル分析が、
不調の時期となっています。

トレードの際は、損切りも十分に意識して臨みたいです。
また、しばらくすれば、ズバズバと的中させてくれる時がやってきますので、
その時まで、我慢です。

また、ユーロ円がチャンス到来となっています。
トレードする際は、損切りラインを明確にして、臨みましょう。

では、本日もがんばりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。