【雑談】どんどんイカ釣りが上手になっていく。子供も食べれる沖漬けを作っている。

どうも、最近、釣りにハマっている川相”かわい”(@woddy3)です。

以前は、
タコ釣りをしているという内容のブログを書いたのですが、

【雑談】釣りは面白い。タコを釣る話。

2017.09.09

今は、イカ釣りに夢中になりました。

タコ釣りのブログでも書いた、僕の釣りのお師匠さんが、
イカ釣りが得意なので、

僕もイカの釣り方を教えてもらったのです。

イカ釣りセットを購入

イカを釣るには、イカ釣り用の竿が必要です。

さっそく、初心者用の竿を、
楽天で購入しました。イカ釣りセットで、全部揃っているものを買いました。

糸は、PEと呼ばれる強い糸がついていますが(0.8号)、
PEの先には、ショックリーダーと呼ばれる、透明の糸を結びつけて(1.5mくらい)、
その先に、スナップ(エギをつける金具みたいなの)を結びつけなければいけません。

PEとショックリーダーを結ぶやり方は、
ネットで検索して調べ、
それを見ながら、やりました。

僕は、初めはイカ釣りセットを買えば、
届いたら、すぐにイカ釣りに行けるものだと思っていたのですが、

糸と糸を結んだり、スナップを付けたりとか、ちょっとした作業は必要でした。

エギの動かし方

イカ釣りは、エギの動かし方によって、その釣果が変わってきます。

エギをうまく動かさないと、
釣れないということですね。

僕は、とりあえずは、
youtubeで調べ、
イカ釣りの竿の動かし方を勉強しました。

初心者向けという動画をじっくりと見ましたが、
その動かし方の名称は、
「二段しゃくり」
という方法でした。

最初に、投げ釣りの要領で、海に投げます。

エギが海底まで沈んだら、

竿を、1回、2回と、しゃくりあげるのです。

そして、また、エギを海底まで沈ませます。

沈んだら、
また2回しゃくりあげる。
これの繰り返しです。

僕は、海に行って、youtube先生を、見よう見まねで、練習をしていたのですが、全然釣れる気配がありませんでした。

それでも何日か、練習を繰り返したのですが、
ダメ。

ある時、僕のお師匠さんと、一緒に釣りに行くことになりました。

僕「youtube先生の言う通りに、しゃくってるんですけど、全然釣れないんですよ」

お師匠さん「ジャーキングって知ってる?」

え?なんすか、それ。

お師匠さん「ジャーキングを覚えんと、思うように釣れんで。」

え!マジすか。

マジか!!!

僕はyoutube先生が教えてくれる初心者の釣り方をずっと研究し、試していたけど、
所詮は初心者用の、基本のやつでしかなかったようです。

そして、その日は、ジャーキングのやり方を教えてもらいました。

これは、左手を上げ下げを繰り返し、その上げ下げの中で、右手でリールを巻くという技です。

1回の上げ下げで、ちょうどリールを1回転させるような動きで、
リールの巻く速さが、速すぎても遅すぎてもダメ。

詳しくは、youtubeで。

これができると、
エギが方向を変えながらピッピッピッピッと動き、イカが追いかけてくるということです。

でも、このジャーキングが、初心者にはなかなか難しいです。

左手は、上下、
右手は、巻き取り

という操作がスムーズにできるようになるためには、
何度も練習が必要でした。

ちなみに、もともとセットでついているエギは、あんまりよくないですね。
エギは現在は、かなり研究されているようで、
やっぱり高いエギがいいようです。僕は、音のなるタイプのピンクの金テープっていうやつがお気に入り!

徐々にレベルアップ!

僕は、行ける時は積極的に、岸壁に出かけ、ジャーキングの練習をしました。

すると、徐々に釣れるようになってきました。(エギもいいものに変えています)

ある日、雨が上がった夕方に行くと、
イカがガンガン釣れる日がありました。

今まで、なかなか釣れなかったのが嘘のように、
めっちゃ釣れるのです。
(イカがエギを掴むことを抱くというそうです。)

その日は、
2時間で8杯も釣れました。

イカの釣れる日、釣れない日

イカは時間帯や日によってやる気が違うようで、
めっちゃ釣れる時もあれば、全然釣れない時もあります。

よく言われるのは、
朝方や夕方は、イカは活発でよく釣れるということです。

そんな時に、僕は、
イカ釣りをしにいくのですが、

イカがエギに寄ってくるのは見えても、
エギを抱くまではなかなかいかないんですよね。難しい。

お師匠さんと一緒に釣りに行った時、
「エギにイカが寄ってくるのは見えるんですけど、なかなか抱きませんわ。」
と言うと、

お師匠さんは、言いました。

「抱かないんじゃなくて、抱かすんや!」

それを聞いた僕は、
「え!!
なにその男前な発言!
めっちゃプレイボーイですやん!」

と、ふざけて、
またエギを投げるのでした。

最後に

最近は、うまく釣れるようになってきまして、
イカの沖漬けを作っています。

この醤油がめちゃくちゃうまい!

沖漬けって生きたまま醤油にぶち込むのが、その作り方ですが、

僕がやっているのは、そんな作り方ではなくて、

家に帰って、下処理して(内蔵などを取って)、
刺身にしてから、この醤油につけています。

本当は、内蔵などのクセが
酒のつまみとしてはいいのでしょうけど、

クセがない沖漬けは、
子供も美味しいって、ご飯にのせて食べるんで、
うちはもっぱら、刺身にしてから漬けています。

だいたい半日も漬ければ、十分!
子供も美味しく食べれるイカの沖漬けになりますよ。

マグロの漬け丼ってありますけど、
イカの沖漬け丼って感じですね。

みなさまも機会があればお試しください。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。