【本日のシグナル】ユーロ円買いシグナルの目標値をズバッと的中!やりました!

9月19日(火)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日のドル円は、円安に推移しましたね。

ロイターによると、次の通りです。

18日のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で一時7月27日以来、約7週間ぶりの高値を付けた。19─20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、米国債利
回りが上昇したことがドル買い/円売りにつながった。
終盤のドル/円は0.51%高の111.40円、主要6通貨に対するドル指
数は0.14%高の92.002だった。

BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の外為戦略グローバル責任者、グレッグ・アンダーソン氏は「ドル/円は現在、最も米国の金利動向に敏感な通貨ペアだ。米
国債利回りが上がると、ドル/円も上昇する」と説明した。
この日米国債利回りが上昇したのは、米連邦準備理事会(FRB)がFOMCでより
タカ派的な姿勢を示す可能性が警戒されたため。アンダーソン氏によると、市場はFRBが12月に利上げする方針を維持すると判断しているという。
またFRBはFOMC終了後の声明でバランスシート縮小を正式に発表し、年内に実
行に移すとの見方が広がっている。

FOMCは、バランスシート縮小の発表があるかどうか非常に注目ですね。
9月19日(火)、20日(水)に開催されますが、日本時間では、21日(木)の早朝の発表となります。

朝の3時ですね。

また、9月はイエレン議長の会見も予定されています。こちらは21日早朝の3時30分からですので、
発表内容でレートが大きく動くことも考えられます。注目しましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で111.50円台となっています。
一方的な円安が続いていますね。

現在はレンジ形成に向けた動きとの判断です。

レンジの下値は107.80円台で、
レンジの上値を探る展開が続いてます。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1950ドル台となっています。
こちらはレンジ相場となっています。

レンジの上値は1.20ドル台半ば、
レンジの下値は1.18ドル台後半
です。

レンジの上値1.20ドル台半ばを超えてくるようですと、1.22ドル台後半を目標値とした、買いシグナルが点灯となりそうです。

レンジの下値1.18ドル台後半を割れてくるようですと、1.15ドル台後半を目標値とした売りシグナル点灯となりそうです。

レンジの範囲を意識して、
チャンス到来の際は、狙いたいところです。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で133.30円台となっています。
こちらは昨日は円安に動きましたね。

これまで、買いシグナル点灯中で、目標値として133円台半ばが算出されていたことをお伝えしましたが、
昨日、予定通りに、目標値を捉えましたね!

やりました!ズバッと的中です。


トレードをされた方、おめでとうございます。

ということで、
今後は、次のレンジ形成に向けた動きとの判断になります。

本ブログで活用している分析方法は、マニュアルに解説していますので、ご覧いただければ、同じ分析方法が使いこなせるようになります。

【全て公開】ワンランク上のトレーダーになるためのFX勝ちチャート分析マニュアル

2017.03.25

本日のまとめ

今週は、FOMCを睨んだ展開になりそうですね。

テクニカル分析からは、ユーロ円が買いシグナルをズバッと的中させました。
利確できた皆様、おめでとうございます。

今後は、ユーロドルがチャンスが近そうですから、
上で示した水準を意識して、
トレードに臨みたいですね。

それでは、本日も頑張りましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。