FOMCの注目点はこれだ!事前に知っておきたい2つのこと。

9月19日(火)20日(水)はFOMCですね。こんにちは、トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

今週はFOMCの内容をにらんだ展開となりそうですが、
ここでは、9月のFOMCで僕が注目していることをまとめます。

FOMCの日程など

9月のFOMCは、19日、20日で行われますが、内容の発表については、日本時間でいうと、21日(木)の早朝3時です。

また、その後、3時30分からは、イエレン議長の会見が予定されています。
(FOMC後のFRB議長の会見があるのは、3月、6月、9月、12月です)

FOMCの注目点

今回のFOMCの注目点は、大きく2つ。

その2つとは、

  • バランスシート縮小プログラムを正式に発表し、年内に実行に移すことになるか
  • 12月に利上げをする見通しとなるか

です。

市場は、すでにそれらを意識し始めているようです。

バランスシート縮小プログラム

しかしながら、注意したいのは、
バランスシート縮小プログラムは、どの国でも行われたことのない初めてのこととなりますから、実際はどのようなことが起こるかは、わからないということです。

ですから、市場としても、バランスシート縮小プログラムが発表され、開始時期が明示されたとしても、それほど値動きに影響するものではないのではないかと思われます。

ただ、実際には、
バランスシート縮小プログラムは、
株価や不動産価格上昇を止めてしまう政策になる

ため、

徐々に、市場にも、そのことが織り込まれていく流れになれば、今後、株価、為替などに大きな影響が出てくることも考えられます。

利上げ

利上げについては、9月FOMCで行われることは、まずないでしょう。

また、12月に利上げをする流れになるのではないかとの見方も広がっているようですが、
これから先の利上げのことについての名言はないと思われます。

なぜなら、そのような発言によって、相場が大きく動くことになるのは、常に安定した金融市場を目指すアメリカにとっては不本意だからです。

とはいえ、
表現の仕方で、強気と見たり、弱気と見たりと、市場が反応を示しますから、その結果、大きく動くような場面があるかもしれません。

最後に

これまで述べてきましたように、
9月のFOMCは、

この、

  • バランスシート縮小プログラムを正式に発表し、年内に実行に移すことになるか
  • 12月に利上げをする見通しとなるか

2点について注目してます。

21日(木)朝の3時の発表、3時半からの会見となっていますが、
その内容を見て、今後のアメリカ経済の行方を考えていきたいと思います。

また、トレーダーの皆様は、FOMCによって大きく動いたとしても大丈夫なように、十分に対策をしくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。