【本日のシグナル】ユーロドル売りシグナル点灯!ドル円もビッグチャンスが近い!?

9月26日(火)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日のドル円は円高に推移しましたね。
また、ユーロ円は大きく円高になりました。

ロイターによると次の通りです。

終盤のニューヨーク外為市場は、ユーロが急落した。
ドイツの選挙結果やドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言、地政学的な緊張状態
を背景に、安全資産とされる円などが買われた。

ドイツ連邦議会(下院)選挙でメルケル首相は4選を確実にしたが、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が躍進し、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)
の得票率は1949年以来の低水準を記録した。

大連立を組んでいた社会民主党(SPD)のシュルツ党首は、最大野党として政府と
対決していく意向を示した。

この日は北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が、トランプ米大統領が北朝鮮に宣戦布
告を行ったとの認識を表明し、ユーロ売りが加速した。

北朝鮮外相発言を受け、円が対ドルで上げに転じたほか、スイスフラン
もドルに対し値上がりした。

BKアセット・マネジメントのマネジングディレクター、キャシー・リエン氏は「北朝鮮の動きでユーロが対円で大きく売られ、ユーロ相場(全体)を圧迫した」と話す。

この日はまた、ドラギ氏がECBは「潤沢」な緩和を行う必要があると表明した。
予想ほど前向きなトーンでなかったと受け止められ、ユーロの重しとなったと指摘する。

さて、昨日は、ドル円が大きく動く可能性があることを夜のブログにてお伝えしていましたが、

ドル円、大きな動きが起こる可能性が浮上。

2017.09.25
今のところ、順調に推移しているようですね。

今後もドル円の状況を見ていきたいです。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で111.70円台となっています。

現在は、レンジ相場です。

レンジの上値は112.40円台で、
レンジの下値は107.80円台です。

もし、今後上昇に転じて、
レンジの上値を超えてくるようですと、
大きな上昇を見せる場面がくるかもしれません。

ドル円、大きな動きが起こる可能性が浮上。

2017.09.25

今後の値動きから目が離せません。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1840ドル台となっています。

これまでレンジ相場となっていたユーロドルですが、
昨日は値を下げたことによって、
レンジの下値だった1.18ドル台後半を割れてきました。

ということで、
売りシグナルが点灯となりました。

算出された目標値は、1.15ドル台後半です。

シグナル転換ラインとしては、今のところ、1.19ドル台のせの水準となりますので、その水準を意識してショートで臨みたい場面となっています。
がんばりましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で132.20円台となっています。
昨日は大きく下げましたね。

現在は、レンジ形成に向けた動きです。

レンジの上値は、134円台半ばで、
レンジの下値を探る展開です。

レンジ形成までは様子見となります。

本日のまとめ

ドイツの政局不安や北朝鮮外相による宣戦布告などによって、
相場が大きく動いています。

これによって、ドル円、ユーロドルは、チャンスが近くなっていますので、目処を意識して、トレードに参戦したいところです。

荒れる相場になることも予想されますので、
落ち着いて、臨みましょう。

では、本日もがんばりましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。