iサイクルの始め方。どう操作すればいいか。

どうも、トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

ここでは、iサイクルの注文の仕方について、解説したいと思います。

初めて、iサイクルを使うときは、
注文の仕方がよくわかんなくて、「誰か解説してくれ」って、思うんですよね。

そんなサポートをするのが本日の記事の内容です。
はじめてiサイクル注文を使う人は、参考にしてください。

iサイクル注文が使える外為オンラインの口座を持っていないけど、すぐに使ってみたいという人は、
デモ口座なら、ソッコーで作れますから
そちらの登録からしてみましょう。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

iサイクルの注文の仕方

iサイクル注文は、イフダン注文とOCO注文を組み合わせたようなものであるため、
使うにしても、少し複雑になっています。

iサイクル初心者なら、「使い方がわかりにくい!」と思うこともあると思います。

また、どのような戦略を立てて、どのような注文設定をするかというのもまた、注文を難しくさせる要因です。

ですが、外為オンラインの公式サイトでは、戦略室というページがあり、
ここを見ると、過去に結果が出ている注文設定や、その設定に必要な証拠金なども簡単に導き出してくれます。

また、戦略室を使わなくても、簡単に過去のランキングを参考にして注文できる方法も存在します。

ですので、一度試してみれば、簡単にiサイクル注文を使うことができると思います。
ぜひ、デモ口座で試してみましょう。

iサイクルの発注方法

では、ここからは、簡単な注文設定のやり方を見ていきましょう。

iサイクル注文には、「ボラティリティ方式」と「マトリクス方式」と「ランキング方式」の3種類の発注方法が用意されています。

今回は、この中でも一番わかりやすい、ランキング方式を使ってみたいと思います。

ランキング方式の使い方

まず、デモ口座にログインします。(本口座でもいい)

デモ口座では、証拠金が300万円もあります。そんなに用意できないということも考えられますが、外為オンラインの口座では、1000通貨の運用ができますが、デモ口座では1000通貨の運用ができません。
ですから、300万の1万通貨の運用なら、30万の1000通貨の運用と同様に見てくれたらいいと思います。

で、

「新規注文」の「iサイクル注文」をクリックします。

今回はランキング方式で選びますので、下図の状態でOK。

「マトリクス方式」や「ボラティリティ方式」を使ってみたい人は、そこをクリックすると、その方式で選ぶことができます。

では、今回はランキング形式から選びますが、

「期間」、「通貨ペア」、「ポジションの方向」について、自分のお好みのものを選んで、ランキングを見てみましょう。

  • 期間は、「過去半年」
  • 通貨ペアは、「ユーロ円」
  • ポジションの方向は、「すべて」

で、検索してみましょう。

すると、次のようなランキングが出てきました。

どうやら、ポジションの方向が「トレンド」の結果が良いようですね。

僕は、裁量トレードでは、ユーロ円を日足で分析していますし、
また、MACDの分析は、大きな流れを見るのに活用することもありますので、
MACD、日足のやつを選ぼうと思います。

カーソルを下にずらしていくと、
21位のところに、僕の条件に合ったものが出てきました。

さあ、今回は、ランキング方式から、自分の理想のものを見つけましたので、
この運用を試したいと思います。

また、結果を随時報告しますね。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込