【本日のシグナル】日中は円高へ。NY市場で戻す動きでした。

10月5日(木)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日のドル円は、日中、やや円高に進みましたが、ニューヨーク市場では戻す動きとなりましまた。

ニューヨーク市場で発表された、米供給管理協会(ISM)の9月非製造業総合指数が約12年ぶりの高水準を記録しました。これが、ドルが買い戻された要因となったようです。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で112.70円台となっています。

現在は、買いシグナルが点灯中で、
目標値は、
第一目標値113.30円台で、
第二目標値は116.20円台となっています。

シグナル転換ラインは、
112.30円台を割れてきた時となります。

現在は、上昇の勢いも止まりそうな雰囲気もありますので、
しっかりと今後の様子を見ていきましょう。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1760ドル台となっています。

現在は売りシグナル点灯中です。
目標値は、1.1575です。

シグナル消灯ラインは、1.18ドル台前半まで上昇した時となります。
シグナル消灯ラインを意識して、状況を見ていきましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で132.60円台となっています。

こちらは狭いレンジ相場が継続しています。

レンジの上値は、133円台前半で、
レンジの下値は、132円台前半です。

シグナルが点灯するまでは、様子見となります。

本日のまとめ

昨日は、結局大きな動きは起こりませんでしたね。

現在は、ドル円、ユーロドルでシグナルが点灯していますが、
この勢いが止まりそうな雰囲気も十分にあります。

トレードの際は、
シグナル転換ラインや、消灯ラインを意識して臨みたいですね。

では、本日もがんばりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。