【本日のシグナル】ユーロ円も売りシグナル点灯。本日は荒れるかも。

10月6日(金)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ドルが買われましたね。

ロイターによると、

5日のニューヨーク外為市場では、この日発表された米経済指標が堅調な成長を示す
内容だったことを受け、主要6通貨に対するドル指数が7週間ぶりの高水準に上昇した。

ドル指数は一時、8月17日以降で最高となる93.989に上昇。終盤のユ
ーロ/ドルは0.51%安の1.1699ドルで推移している。

とのことです。

本日は、米雇用統計の発表がありますね。
これによって値動きの荒い展開も予想されます。

とはいえ、利上げについては、
12月に行われることは、まず間違いなさそうな雰囲気ですから、さほど激しい動きにはならないかもしれません。

利上げに関する前向きな発言も増えてきています。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で112.80円台となっています。

状況はこれまでと変更はありません。

現在は、買いシグナルが点灯中で、
目標値は、
第一目標値113.30円台で、
第二目標値は116.20円台となっています。

シグナル転換ラインは、
112.30円台を割れてきた時となります。

上で示した水準を意識してトレードに臨みたいですね。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1700ドル台となっています。

現在は売りシグナル点灯中です。
目標値は、1.1575です。

シグナル消灯ラインは、1.17ドル台後半まで上昇した時となります。

こちらもトレードする際は、上の水準を意識して臨みたいですね。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で132.10円台となっています。
昨日は円高に動きましたね。

この動きにより、これまでのレンジの下値を割れてきたため、
売りシグナルが点灯となりました。

目標値は、130円台割れ。
シグナル消灯ラインは、132円台半ばを超えてきた時です。

シグナル消灯ラインを意識して、
ショートで臨みたい場面ですね。

本日のまとめ

テクニカル分析からは、どの通貨ペアもシグナルが点灯となっています。

とはいえ、本日は米雇用統計の発表です。

その結果によっては、もしかすると値動きが荒い展開となるかもしれません。

そうなった時に翻弄されなくてもいいように、
シグナル転換ラインやシグナル消灯ラインを意識して、
トレードに臨みたいところです。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。