DMM FXがヤバい。DMMだけ、ドル円のレートが一気に上昇した?

どうも、トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

ツイッターを見ていたら、DMM FXで、ドル円が113円をつけていないのに、113.01円で約定されたというツイートを発見。

そのことについて、状況をまとめました。

ドル円が113円台で約定された?

見たのは、
☆HAMI☆@たぶりんFX さんのツイートです。

;

時間は、10月12日(木)朝の6時前のようです。

チャート上で113円台をつけていないのに、
113.010円で損切りされたというもの。

確かにこのツイートのチャートの添付画像を見ると、
112.384円から112.528円の範囲での値動きであることがわかります。

それなのに113.010円で損切りされたのなら、

おい!何やコレ!

ってなりますね。

なぜ113.10円台で約定されたか

さて、調べて見ると、次のようなことがわかってきました。

アドリブFX さんのツイートから。

;

askのチャート(右)が
6時前に、一時113.010を記録している!!

askとは、ロングする時の値段で、bidとはショートする時の値段がです。 そしてその差をスプレッドといいます。スプレッドはFX会社によって違います。

つまり、DMM FXでは、
朝の6時前に、
ask 113.00円  bid112.45円
ほどのスプレッドが開いていたということです。

だいだい55銭くらい!!

通常時は、DMMFXでは、ドル円の場合ですと、
bidが112.500円なら、
askが112.503円
となります。

つまり、
.003
のスプレッド差。

が、今回は、
.550
のスプレッド差となったということです。

スプレッドは、常にその差を提供するということではなく、取引が少なくなる時間帯や米雇用統計などの注目の経済指標の発表直後などは、広いスプレッドになることもあります。

今回は、
ニューヨーク市場のクローズの時間帯が日本時間の6時ですから、このクローズ前の取引の関係で、
たまたまスプレッドが大きく開くことになったというのが、
原因と言えそうです。(ちなみに、こんなにスプレッドが開いているのは、DMMだけです)

保証は?

こうなると、損をした方の保証はどうなる?という話題になってくるわけですが、

;

どうやら保証はないようです。

スプレッドは保証されているものではありませんし、
DMM FXでは、レートの配信に沿って、取引が行われていることになったからですね。

最後に

ちなみに、10月2日にも、別の問題が起こっておりまして、

;

朝からログインができない問題だったんですよね。
だいたい2時間くらいだそうです。

実際は、スマホからはログインできないけど、PC画面からはログインできたそうです。

とはいえ、公式ツイッターでもそのことに何も触れていないことに、怒り心頭のユーザーも多数。

使う側とすれば、
安心して使いやすいというのが一番ですよね。

また、突然のトラブルが起こった際は、
状況がどうなっているかとうことをいち早く知りたいわけですから、

状況説明が素早くされる会社を使いたいと思いますよね。
ちなみに、僕はSBIFXトレードを使っています。

10社ものFX会社でトレードを試した僕が、一番良かったFX会社を教える。

2016.12.15

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。