【本日のシグナル】ドル円、ユーロドルは、チャンスが近いか。

10月18日(水)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ドルが上昇を見せましたね。

ロイターによると次の通りです。

ニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対して上昇し1週間ぶりの高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)議長の後任人事を巡り、トランプ大統領がよりタカ派的な人選を行うとの見方が広がった。

トランプ氏が次期FRB議長候補にスタンフォード大教授のテイラー氏を推しているとの観測が浮上する中、米2年債利回りUS2YT=RRは上昇し9年ぶりの高水準を付けた。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズ(ワシントン)のシニア市場ストラテジスト、ジョー・マニンボ氏は「テイラー氏は現職のイエレン氏よりもタカ派的と考えられる。彼が議長に就任すればFRBは一層積極的に利上げを行う可能性があり、ドルの押し上げ要因となり得る」と述べた。

どうやら、イエレン続投とはならない見通しになってきているということですね。

近いうちに発表となると思いますので、
次期FRB議長の話題に注目したいと思います。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で112.10円台となっています。

現在は、レンジ相場になっており、
レンジの上値は112.80円台、
レンジの下値は111.80円台です。

もし仮に、レンジの上値を超えてきた場合は、113.70円台を目標値とした買いシグナル点灯となりそうです。

逆にレンジ下値を割れてきた場合は、110.90円台を目標値とした売りシグナルが点灯となりそうです。

レンジの範囲に注目して、今後の状況を見ていきたいところです。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1760ドル台となっています。
こちらもレンジ相場です。

見通しは昨日同様です。

レンジの上値は1.18ドル台半ば、
レンジの下値は1.17ドル台前半
です。

もし、レンジの下値1.17ドル台前半を割れてくるようですと、
1.14ドル台後半を目標値とした売りシグナルが点灯となりそうです。

逆に、レンジの上値1.18ドル台半ばを超えてくるようですと、
1.21ドル台半ばを目標値とした買いシグナルが点灯となりそうです。

こちらも注目しましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で132.00円台となっています。

こちらはレンジ形成に向けた動きとなっています。

レンジの上値は133円台半ばで、
レンジの下値を探る展開です。

レンジ形成までは様子見となります。

本日のまとめ

ドル円、ユーロドルが動きそうな雰囲気が出てきています。

それぞれのシグナル点灯ラインや目標値を確認し、
トレードチャンスを待ちたいですね。

最近、iサイクルの検証を始めています。
iサイクルは簡単に注目ができるのですが、その中身が初心者の方はわかりにくいと感じることもあると思います。

また、こちらも参考に。

iサイクルをランキング形式で試したけど、その注文内容がよくわからないという人へ。

2017.10.17