【本日のシグナル】ドル円が買いシグナル点灯!チャンス到来。

10月19日(木)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ドル円が上昇を見せましたね。

ロイターによると、次の通りです。

ニューヨーク外為市場では、9月の米住宅着工件数が1年ぶりの低水準となったことを受けドルが下落した。
主要6通貨に対するドル指数は一時93.797まで上昇したものの、終盤の取引では0.12%下落の93.371となっている。

ウェルズ・ファーゴ証券(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、エリック・ビロリア氏はドル指数について、93.80近辺にテクニカルな抵抗線が存在している可能性があると指摘。これにより少なくとも短期的な上昇が阻まれている可能性があるとの見方を示した。

前日までの4日間でドルは0.53%上昇。上昇は主に米国債利回りの上昇を反映したものだった。コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジ(ワシントン)の首席市場アナリスト、オマー・エシナー氏は、「週初から国債利回りが相場の動意となっている」とし、「米国債利回りが広範に上昇していることがドル支援要因となっている」と述べた。

また、次期FRB議長に関するのニュースも出ています。

数日以内に発表される見通しですね。

ちなみに、僕は、


と予想。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で112.90円台となっています。
昨日は、大きく上昇しましたね。

これにより、これまでのレンジの上値112.80円台を超えてきましたので、
買いシグナルが点灯となりました。

算出された目標値は、113.70円台です。

今後の上昇に期待したいところですね。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1790ドル台となっています。
こちらはレンジ相場となっています。

レンジの上値は1.18ドル台半ば、
レンジの下値は1.17ドル台前半
です。

もし、レンジの下値1.17ドル台前半を割れてくるようですと、
1.14ドル台後半を目標値とした売りシグナルが点灯となりそうです。

逆に、レンジの上値1.18ドル台半ばを超えてくるようですと、
1.21ドル台半ばを目標値とした買いシグナルが点灯となりそうです。

今後の値動きに注目しましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で133.10円台となっています。
昨日は上昇を見せましたね。

現在は、レンジ相場となっています。

レンジの上値は133円台半ばで、
レンジの下値は132円台前半です。

もしレンジの上値を超えてくるようですと、135円台前半を目標値とした買いシグナル点灯となりそうです。

注目しましょう。

本日のまとめ

ドル円が買いシグナル点灯となりましたね。
目標値達成となるかどうか、注目しましょう。

また、最近はiサイクルについて、検証を始めています。
その運用結果をまとめており、昨日、更新しました。
下記の関連記事をご確認ください。

iサイクルのトレンドを試したら、利確メールがジャンジャンきたけど、大きな損切りも連発した。

2017.10.31