仮想通貨に興味があるけど、まだ始められていない人へ。僕がメイン口座をzaifにした理由も教えます。

仮想通貨の上昇がすごいですね。どうも、トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

最近、ビットコインなどの仮想通貨の値上がりには、目を見張るものがあり、
「数年前に買ったのが、億を超えた」などといった話題を目にすると、

今尚、何も仮想通貨の取引を始めていない人にとっては、
完全なる乗り遅れた感
を感じることになるんですよね。

僕は、仮想通貨はバブルだと考えているひとりではあるのですが、

ビットコイン(仮想通貨)はバブル。崩壊する日はくるのか。

2017.09.15

バブルの崩壊のタイミングがいつになるかについては、誰も予想できるものではなく、いつかのタイミングで突然にやってくることになると思います。

ということは、逆にいうと、まだまだ先になる可能性も十分にあって、
今後もさらに上昇を続けることも考えられます。

つまり、
”仮想通貨バブルは、まだまだ膨れ上がっていく可能性が十分にある”
ということで、
今なら、バブル相場に乗っかる選択をするというもの、正しい選択だったりするかもしれないわけです。

そう考えると、
「余裕資金で、仮想通貨を買ってみようかな」
と思う人も実は多くいると思うのですが、

買うにしても、
乗り遅れた感から何もしていなかったため、仮想通貨の取引のことが全くわからず、どこの業者がよいのかすらわからなかったりするのです。

そんな方のために、
僕がオススメどころとその理由をズバッと紹介したいと思います。

割高な業者を使うと損をする!?

ここでは、仮想通貨に乗り遅れて、「ぐぬぬ」となっている人の背中を押して、仮想通貨の取引のいい情報を提供するのが目的なのですが、

どこの取引業者がいいかと聞かれれば、
Zaif
です。

僕ならZaif一択!

ちなみに、仮想通貨の取引ができる有名どころには、ビットフライヤーがあります。

ビットフライヤーは、取引を経由しているイメージで、

zaifは取引所を提供しているというイメージ。

つまり、ビットフライヤーは、中間マージンが発生しているが、
Zaifは、買いたい人と売りたい人をマッチングさせる場所を提供しているという仕組みです。

なので、Zaifは、結果的に他よりもレートが割安になっています。

例えば、FXでいうなら、スプレッドが各社様々で、有利不利がでてきますが、
これに当てはめて考えるならば、zaifは、圧倒的にプレイヤーに有利なスプレッドを提供しているというイメージですね。

価格比の画像を入れておきます。

2017年10月23日(月)の同じ時間帯のビットコインのレートです。
ビットフライヤー:

Zaif:

ビットフライヤーは、買いたい人は、70万7000円で買うし、売りたい人は、66万9000円で売るということ。

zaifは、買いたい人は、だいたい68万5000円で売買が成立するということですね。かなり有利なレートで取引できますね。

また、Zaifはスマホアプリもありますから、
サクッと手軽に取引できますし、

クレジットカードで、ビットコインやモナーコインを買うことだってできるのです。

ということで、
仮想通貨に乗り遅れた人は、Zaifで取引環境を整えてみてはどうでしょうか。

公式サイトでチェックしてくださいね。
Zaif

乗り遅れて手が出せなかったビットコイン。乗り遅れたけど、なんとなく仮想通貨を試したら、、、。

2017.12.15

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。