【本日のシグナル】ドル円が買いシグナル点灯だ!目標値を確認しよう。

11月2日(木)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ドル円が114円台まで上昇してきましたね。

ロイターによると、次の通りです。

ニューヨーク外為市場ではドルが対円で約3カ月半ぶりの高値近辺に上昇した。米連邦準備理事会(FRB)はこの日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で金利据え置きを決定したものの、経済活動は堅調な速度で拡大しているとの認識を表明、次回12月の会合で利上げを決定するとの観測が高まっている。

FRBはFOMC声明で「ハリケーンに関連した被害にもかかわらず、経済活動が堅調な速度で拡大していることを示している」と表明。アナリストの間ではFRBのこうした見解表明で12月利上げの公算がかなり高まったとの見方が出ている。

明日、11月3日(金)が米雇用統計の発表となっていますが、
12月利上げは、かなり織り込まれている状況となっていますね。

また、パウエルFRB理事の対談が、本日、11月2日21:00から予定されていますが、
次のようなニュースが出ていますから、

こちらも注目となりそうです。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で114.10円台となっています。
昨日は3ヶ月半ぶりの高値水準まで上昇していきましたね。

昨日の上昇により、これまでのレンジの上値だった114.00円台を超えてきましたので、買いシグナルが点灯となりました。

算出された目標値は、114.90円台です。

シグナルが転換する水準は、
113.10円台を割れた時となります。

ということで、ロング目線で注目したいところです。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1620ドル台となっています。

こちらは売りシグナル点灯継続中。
目標値は1.14ドル台割れ。

とはいえ、1.16ドル台前半で、粘る動きが見られるのが気になるところです。
もしも、この水準で踏ん張り続け、その後1.16ドル台後半まで上昇を見せてくるようですと、売りシグナルは一旦消灯することになります。

シグナル消灯ラインを意識して、トレードに臨みたいところですね。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で132.60円台となっています。
こちらは上昇を見せましたね。

現在は、レンジ相場です。

レンジの上値は、134円台半ば
レンジの下値は、131円台後半
です。

レンジブレイクのタイミングでシグナルが点灯となりますので、今後の値動きに注目しましょう。

本日のまとめ

テクニカル分析からは、ドル円が買いシグナル点灯となりました。

このまま目標値達成を期待したいですね。

では、本日もがんばりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。