【本日のシグナル】ユーロ円は売りシグナル目前か!

11月9日(金)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日のドル円は、やや円高に推移しましたね。

ロイターによると、

ニューヨーク外為市場では、ドルが対円で下落し0.2%安の113.78円台近辺で推移。一時113.40円まで値下がりした。トランプ政権が目指す税制改革が遅れるのではないかとの懸念が広がった。

ライアン下院議長は、税制改革で法人税減税を先送りする可能性があることを示唆。これに先立ち、上院共和党案では法人税減税の実施を先延ばしする可能性があると報じられていた。

XE(トロント)の首席市場ストラテジスト、レノン・スウィーティング氏は「ドルのロングポジションを張っていた向きにはかなりの痛手になったようだ」と語った。

とのことです。

税制改革が遅れることが懸念されはじめ、ドルを買う向きに慎重さが出てきているようですね。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で113.80円台となっています。

現在は次のレンジ形成に向けた動きとの判断です。

レンジの上値は114.10円台で、
レンジの下値を探る展開です。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1590ドル台となっています。

現在は売りシグナル点灯中です。
目標値は1.14ドル台割れ。

シグナル消灯ラインは、1.16ドル台半ばまで上昇した時となります。

シグナル消灯ラインを意識して、状況を見ていきたいところです。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で132.00円台となっています。

現在はレンジ相場です。

レンジの上値は133円台前半で、
レンジの下値は131円台後半です。

レンジの下値に接近中ですので、下値を割れるかどうかに注目したいですね。

ちなみに、レンジの下値131円台後半を割れてきた場合は、
目標値を130円台前半とした売りシグナルが点灯となりそうです。

本日のまとめ

ユーロ円は売りシグナル点灯目前となっていますね。

ユーロドルが現在は売りシグナル点灯中で、
ドルも買われにくい状況となっていますから、
このままスムーズにシグナルが点灯となることが期待されます。

注目しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。