ドル円は目標値達成です!ユーロ円の状況は?

9月23日(金)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日のドル円は、午前中のうちに、一時100.10円台を記録しましたね。これにより、目標値の100.00円台をほぼ達成した形となりました。

その後は、徐々に上昇を見せはじめ、高値としては、100円台後半を記録しています。

これまで、日銀の金融政策決定会合や、アメリカのFOMCを睨んで、動いてきただけに、これが終わったことにより、ひとまず落ち着いた値動きになることが予想されます。

ということでファンダメンタルズよりも、テクニカル分析から算出されるレートを意識して、トレードに臨みたいところです。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で100.70円台となっています。

これまで、目標値100.00円台とした売りシグナルが点灯していましたが、昨日、100.10円台を記録したことを受け、目標値をほぼ達成した形となりました。

ということで、今後は次のレンジ形成に向けた動きになると思われます。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1200ドル台となっています。

こちらはレンジ相場継続です。

レンジの上値は、1.12ドル台半ば、レンジの下値は1.11ドル台前半です。

シグナル点灯まで、チャンスを待ちたいと思います。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で112.90円台となっています。

こちらは111円台前半を第一目標値、100円前半を第二目標値とした売りシグナルが点灯していましたが、112.00円台まで下げたところで、一旦下げの勢いがとまりました。

これは、ドル円が下げ止まったことが大きく影響しています。ということで、こちらは、112.00円台で、また次のレンジ形成に向けた動きとなる可能性があります。

もしユーロドルが売りシグナル点灯となるようですと、それに引っ張られて、ユーロ円も再び下げる展開になる可能性がありますが、それに期待しすぎるのはリスクが高いと思われます。ということで、一旦、様子見となります。

本日のまとめ

昨日の値動きにより、ドル円は目標値達成で、ユーロ円の売りシグナルは一旦消えたとの判断です。

ユーロドルが売りシグナル点灯となると、ユーロ円も再び下げる可能性がありますが、ここは冷静に臨みたいところです。

そして、ユーロドルが狭いレンジが続いていますので、そろそろシグナル点灯となりそうです。注目しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。