【本日のシグナル】12月利上げはまず間違い無い!?ドル円、下げるか!

11月29日(水)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ドルが買われる動きとなりましたね。

ロイターによると、次の通りです。

ニューヨーク外為市場では、ドルが主要6通貨バスケットに対し上昇。堅調な米指標が追い風となったほか、12月利上げの公算が大きいことを示唆する米連邦準備理事会(FRB)次期議長候補のパウエル理事の発言が材料視された。
(中略)
パウエル理事はこの日、上院銀行委員会で開かれた承認公聴会で証言し、FRBが12月に利上げに踏み切る公算が大きいとの見解を示した。理事は「次回会合で利上げを決定する根拠は強まっている」とし「(利上げに向け)条件は整っていると考えている」と語った。

次期FRB議長候補のパウエル理事の発言によって、ドルが買われたということですね。
この発言なら、まず間違いなく12月利上げは実施されることになると思われます。

FOMCの日程は、12 月 12 日(火)、13 日(水)です。
注目しましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で111.30円台となっています。
昨日はやや円安に推移しましたね。

現在は、売りシグナルが点灯となっています。
算出されている目標値は100.30円台です。

シグナル転換ラインは、111.50円台。

転換ラインの水準に近づいていますので、このままこの水準を超えてくるようですと、買いシグナルが点灯となり、目標値112.70円台が算出されそうです。

111.50円台に注目です。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1840ドル台となっています。
昨日は下げましたね。

この動きにより、レンジ相場となりました。

レンジの上値は1.19ドル台前半
レンジの下値は1.15ドル台後半
です。

今後は、レンジの範囲を徐々に狭くしていき、
レンジブレイクのタイミングでシグナルが点灯となりますので、
注目しましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で131.90円台となっています。

現在は、レンジ相場となっています。

レンジの上値は133円台半ば、
レンジの下値は131円台半ば、
です。

下値に接近してきた状況ですが、
このまま下値を割れてくるようですと、
129円台半ば〜130円台前半が目標値として算出されそうです。

期待が高まりますね。

本日のまとめ

テクニカル分析からは、
ドル円が順調に下方向に進むかどうか、注目です。

また、ユーロ円は、シグナル点灯が近いかもしれません。

それぞれのポイントとなる水準を意識して、
トレードに臨みたいですね。

では、本日もがんばりましょう。