[仮想通貨]トークンって何よ。魅力はあるのか?

ビットコインなどの主要通貨とトークンの違いは?


上の画像でもあるよに、仮想通貨の取引画面では、
「主要通貨」と「トークン」というカテゴリーがあります。

主要通貨の方には、
ビットコインやモナコイン、イーサリアムなど、いわゆるよくニュースで聞くようなメジャーな仮想通貨があります。

それに対して、トークンには、
ZAIFやXCPなど、あまりメジャーではないものが並びます。

では、仮想通貨の中でも、ビットコインなどの主要通貨トークンの違いはなんなのでしょうか。

実は、違いは明確には定義がないようです。
ですが、強いてあげるのであれば、

ビットコインなどの主要通貨は、独自のブロックチェーンで発行したもの
トークンは既存のブロックチェーンで発行したもの

と分けれます。

つまり、

ビットコインやイーサリアム、XEMなどは、
それぞれが独自のブロックチェーン技術を使って発行されているため、それぞれが全く別物という感じですね。

それに対してトークンは、
何かの仮想通貨のブロックチェーン技術を使って、発行したものということです。
たとえば、zaifトークンは、XEMのブロックチェーンを使って発行しているそうです。

つまり、ブロックチェーン技術が「独自」か「新規」か。これが主要通貨とトークンの違いとなるようです。

でも、そう考えると主要通貨もトークンも大差がないかもしれませんね。

カレンシータイプとアセットタイプ

また、仮想通貨は、別の見方でタイプ別にわけることができます。
次の分類は、
カレンシータイプと、アセットタイプです。

カレンシータイプは、採掘(マイニング)できる仮想通貨で、発行上限があって、供給量が増えていく特徴があります。

アセットタイプは、株式に似たイメージです。
採掘(マイニング)による供給ではなく、開発者や発行元の業績や事業によって価値が変動するものです。

ですから、株式投資をやったことのある人であれば、アセットタイプの仮想通貨がイメージはしやすいのではないでしょうか。

業績や事業で上昇を見せるのは、株価とまるっきり同じですからね。

ということは、株をやったことのある人で、まだ仮想通貨をやっていないって人は、アセットタイプの仮想通貨なら簡単に始められそうです。

トークンを買ってみる

仮想通貨取引所のZaifでは、zaifトークンというものを発行しています。

これは、zaifを運営する株式会社テックビューロが発行するもので、アセットタイプトークンです。

zaifトークンは、
株式会社テックビューロが好調だったり、またZaif取引所内で、そのトークンの利用価値が高まれば、暴騰も期待できます。

Zaifトークンの買い方は、zaifで口座開設し、入金した後、

1、2、3の順にクリック。
そして、

赤で囲んだ場所に購入量などを入力すれば、OK!

めちゃ、簡単に買えますよ!

口座開設は公式サイトで。
Zaif

トークンを盛り上げよう!

仮想通貨の値動きは、株やFXとは少し違う側面があると、僕は感じています。

どのような違いかというと、
値動きがSNSの影響を受けやすい
というところ。

もっというと、
SNSで盛り上がれば盛り上がるほど、暴騰を見せる
という感じです。

もちろん株でもそのようなことはあるのかもしれませんが、
仮想通貨の場合は、まだ取引量が少ないがために、
株よりも大暴騰が起こりやすいんです。

このZaifトークンも話題になれば一気に上昇を見せるかも!

2017年12月13日現在で、1.3円前後で動いていますが、
いつかのモナコインのように、一気に2000円を超える上昇をするなら、

【狂い上げ】モナコイン連日の大暴騰。す、すごすぎる。

2017.12.06

あっという間に
億り人
の誕生ですね。

それでは、ZaifでZaifトークンを買って、SNSで盛り上げましょう!

*Zaifトークンは、Zaifでしか取引できません。
公式サイトからどうぞ。
Zaif