【本日のシグナル】ユーロが順調に上昇!目標値を完全に捉えるか!?

1月5日(金)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

ロイターによると、

終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落し、ユーロは3年ぶり高値水準に迫った。好調な米指標などを受けた前日のドル上昇は続かなかった。

とのことです。

注目されたADP雇用統計では、良い結果が発表され、一時はドルが買い戻される流れとなりましたが、その流れは長くは続きませんでした。注目は、本日5日(金)の米雇用統計へと移っているようです。

22:30が発表時間です。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で112.70円台となっています。
昨日は上昇をみせましたね。

これまでは、1月2日に円高になったことを受けて、売りシグナルが点灯していましたが、下げ渋っている状況が見られます。

もし再び、円高になって、112.20円台を割れてくるようですと、売りの勢いがますことが考えられますが、その水準までさげないと、シグナルは一旦消灯することになりそうです。(買いシグナルへの転換ポイントは、113.40円台を超えた時です)

今後、円高が進むかどうか、注目しましょう。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.2060ドル台となっています。

現在は買いシグナルが点灯継続中です。
目標値は1.21ドル台前半。

目標値にじわじわと近づいてきましたね!

シグナル転換ラインは、1.19ドル台半ばまで下げた時となりますので、その水準を意識して状況を見ていきましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で136.00円台となっています。
昨日は、上昇を見せ、一時136.30円台を記録しています。

ユーロ円は、これまで、買いシグナルが点灯となっており、目標値136円台半ばが算出されていましたが、その水準まで後少しというところまで、上昇してきました。

ということで、本日は、目標値を完全に捉えるかどうか、注目となります。

本日のまとめ

ユーロ円、ユーロドルが、目標値を捉えるまであとわずかとなりました。
このまま上昇することを期待したいところです。

一方、ドル円は微妙な状況。。。
円高が進むかどいうか、注目したいと思います。

では、本日もがんばりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。