世界のICOではなくて、日本のICOに注目せよ。

どうも、仮想通貨プレイヤーの川相”かわい”(@woddy3)です。

仮想通貨で資金を集めるICO。2017年に大きなブームとなりました。
2017年の仮想通貨市場でのバズワードが「ICO」だったことが、その注目度の大きさを表しています。

この流れを受けて、2018年もICOがどんどん増えるのではないかという見方もあり、期待感も高まっています。

が、
どんどん増えるというわけではありません。

それは、2017年は、世界的に見ると、”ホワイトペーパーがあるのみで、開発もされていない実体のないICOが横行した”ためです。いわゆる「詐欺ICO」とか「詐欺まがいのICO」と呼ばれるもの。

このような状況の中で、2017年9月初旬には、中国は、ICOの禁止を発表しましたし、それに続いて、韓国でも禁止を発表しました。

このため、中国や韓国では、新規のICOが行えない状況となっています。

アメリカのICOは、米国証券取引委員会(SEC)と米国金融業規制機構(FINRA)が監督することで制限がかかっており、詐欺ICOの横行を止める動きとなっています。

しかもこの基準はめっちゃ厳しい!

各国の状況を見れば、日本でICOが盛り上がる理由がわかるぞ。みんな投資する準備はできてますか?

2018.01.08

日本でも、金融庁が監督することで、現在ガイドライン策定に向けての動きが進んでおり、2018年、日本では、日本独自のルールのもと、ICOが行われることになります。

このような流れを総合的に考えると、世界では、2017年ほどICOが活発になるわけではなく、各国の規制によってICOの数や規模は確実に下がるはずです。そして、その結果、詐欺ICOの数も減ってくるでしょう。

とはいえ、まだまだ世界にはICOについて、無法地帯の国も多く、2018年も詐欺ICO案件も目にすることになりそうです。気をつけましょう。

注目すべきICO

では、注目すべきICOとは、どのようなものかというと、やはり日本で、ガイドラインが策定されてから実施される日本のICOです。

日本ではZaifが積極的にICOに取り組んでおり、2017年には、ICO環境を整えるためのCOMSAトークンをリリースしています。現在は、日本のICOのガイドライン策定にも関わっているとのこと。

ですから、僕は、Zaif取引所に上場するトークンが注目だと思っています。

すでに数社はZaifでICOをする予定となっています。

これは注目だ!

まとめ

まとめますと、2017年は、実体のないICOも含めて、多くのICOがはびこったわけですが、

2018年は、その数や規模は2017年よりは少なくなるでしょう。とはいえ、詐欺(まがい)ICOはまだまだ存在します。

そのような中でも、ICO投資をするとしたら、ぜひ詐欺(まがい)ICOに投資することなく、しっかりと選別したいですね。

まず間違いのないのは、
Zaif取引所に上場するICOとなるでしょう。興味のある方はぜひお試しあれ!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。