NEM/XEM(ネム)には、熱狂的なファンが多い。ネムラーの皆さん、僕も仲間入りします!

どうも、仮想通貨プレイヤーの川相”かわい”(@woddy3)です。

仮想通貨のNEM/XEM(ネム)を応援している(投資している)人のことをネムラーと言います。

ちなみに、NEM(ネム) は、プロジェクトの名前で、XEM(ゼム) は、ブロックチェーン・ネム(NEM)のプロトコルを使用して動いている仮想通貨の貨幣の名前です。

仮想通貨NEM/XEM(ネム)(以下ネム)は、日本ではファンが多いことで有名で、あの仮想通貨芸人と呼ばれているかまいたちも、ネムをグイ押ししている、いわゆるネムラーとして有名です。

そんなネムの今後の可能性については、Zaifを運営するテックビューロの代表の朝山さんのブログを読んだら、感じずにはいられず。

ブログより一部引用します。

NEMは今年に大きな成長を遂げると考えています。価値の記録、中心となるデジタルアセットとしてのビットコインに対して、コントラクトによる非中央集権化されたアプリケーション基盤となるEthereum。それらに次いで、私はNEMがトークンベースのコントラクト基盤になりうると見ています。

2017年には幸いNEMに対する評価が大きく向上し、その指標の一つとしての時価総額も皆様の評価のおかげで大きく成長いたしました。どの暗号通貨も同じですが、時価総額は単なる利益をもたらす指標ではなく、各プロジェクトを応援するコミュニティメンバーがより多くの時間をそのプロジェクトのサポートに割くための余裕を与えるという意味では重要な要素となります。2017年には、その成果としてタケノコ状にNEMを用いたサービスが開発され、世に出始めました。私的には、2018年はNEMが花咲く年であると考えています。
NEMはテックビューロがコントロールしている、といったような心ない虚偽の書き込みも散見しますが、NEMは立派なコミュニティ運営のブロックチェーンプロジェクトです。我々テックビューロは、2015年の時点でそのコア開発者を雇用し、大きな賭けとして投資することによって、新バージョンのCatapultエンジンを具現化したまでです。企業体とオープンソースコミュニティが上手く連動することは希ですが、現在NEM財団とテックビューロ、そして世界中のNEMコミュニティメンバーの皆様は、お互いぶつかることなく、高い効率でNEMプロトコルの普及に尽力しています。
2018年は、その3つが創り出すエコシステムの回転が更に加速し、NEMプロトコルを活用したサービスが増えて行く中、弊社製品もその波に乗りつつ大きく世に送り出されます。

2018年に大きく成長する可能性を感じずにはいられません。

ということで、僕は、2018年最初の仮想通貨投資は、ネム。
ネムを買いましたよ!

これで、僕もネムラーの仲間入り!

ネムが普及されることを願って、ネムラーとともにSNSを盛り上げたいと思っています。

ネムはZaifで買いましょう!なんてったって、Zaifを運営するテックビューロの代表の朝山さんが、NEM財団の理事ですからね。

Zaifとともに応援しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。