[仮想通貨]二段階認証してるよね?そして、出金口座も指定したよね?

どうも、仮想通貨プレイヤーの川相”かわい”(@woddy3)です。

仮想通貨取引所、知らない誰かに勝手にログインされて、
ビットコインを盗まれた
とか、
現金が勝手に引き出されていた
などと嘆いているツイートを目にします。

仮想通貨の売買をするには、ログインするために、パスワードはもちろん必要です。とはいえ、パスワードがあるからといって、安全というわけではありません。なぜなら、
パスワードを盗まれる危険があるから。

少なくとも、簡単なパスワードであったり、別のサイトでも同じパスワードを使っていたりすると、不正ログインの危険が増します。激増。マシマシ。

まずは、自分の使っているパスワードが大丈夫かどうか改めて確認してください。

それをした上で、さらに。

不正ログインの危険を回避するためには、少なくとも次の2点は設定した方がいいです。

  • 2段階認証
  • 出金口座の指定

設定した方がいいというか、設定しなくてはいけないというレベルのものだと思ってください。大切な通貨を失いたくなければ、必ず設定しましょう。

これをしていないのであれば、セキュリティ意識が低すぎと言われても仕方なし。

2段階認証と出金口座の指定

どの仮想通貨業者でもこの2点は設定できます。設定していない人は、必ず設定しましょう。

2段階認証

二段階認証は、ログイン画面でパスワード入力すると、あらかじめ登録してあるスマホアプリに、セキュリティキー(数字)が送られてきますので、それを入力すると、ログインできるというもの。

つまり、パスワードを入力すると、スマホにセキュリティキーが送られてくるので、そのキーを入力すると、ログインができるわけですね。(セキュリティキーは、ログインのたびに違うものとなる)

(セキュリティキーは、スマホアプリだけでなく、メッセージで送られるものや、メールで送られてくるものがあります。)

グーグルログインも2段階認証が使えますよ。

グーグルの説明と画像を引用

つまり、二段階認証を設定することで、パスワードが盗まれたとしても、ログインを防ぐことができるということですね。

僕が使っているZaifでは、次のところをクリックすると設定できますよ。

アカウント < 登録確認/本人確認 < セキュリティ < 2段階認証設定

まだ2段階認証を設定していない人は、すぐに設定しましょう。

出金口座の指定

出金口座の指定もしておきましょう。

こちらは、指定した口座でないと、出金できないようにすることができるということですね。

Zaifでは、こちらから設定できます。

アカウント < 登録確認/本人確認 <JPY出金口座 < 新規追加

こちらもすぐに登録しましょう。

まとめ

仮想通貨取引所は、どの業者でも2段階認証の設定ができます。なぜなら、不正ログインを防ぐために、最低限必要なことですから。

グーグルもフェイスブックもネット銀行も設定できますよ。

これをしないというのは、盗まれても仕方なしと思われても仕方のないレベルのことですから(半分言い過ぎですけど、それくらい設定しろと強く伝えたい)、自分できる対策はしっかりと行いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。