[会見から1日]コインチェックは、盗まれたXEM(NEM)を現預金で返金をすると。

どうも、仮想通貨プレイヤーの川相”かわい”(@woddy3)です。

コインチェックは、約580億円分のNEMが盗まれたことによって、ゴックスすると思われていたのですが、

なんと、顧客のウォレットに現金で返すことを発表しました。

この対応を知った時、僕は驚きを隠せませんでした。

なぜなら、コインチェックはゴックスすると思っていたからです。

coincheckはゴックスか!約580億円のネムが流出した。

2018.01.27

現金での返金を発表するまで

コインチェックがNEMを盗まれたのは、1月26日。この日の23:30に記者会見がありました。

この会見からは、ゴックスするとしか思えない感じでしたね。

しかし

その会見から次の日、NEMを日本円で返すことを発表しました。

コインチェックのホームページからNEMの保証内容を引用します。

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

あの会見からは、とても補填できそうな雰囲気は感じませんでしたが、
この1日でいったい何があったのか。

誰かが、出資したのではないかとの噂も出ていましたが、取締役の大塚氏は、すべて現預金で返済するとしています。

大塚氏は記者団から、返金のための十分な現預金があるということかと問われ、「さようでございます」と回答。「(現預金などで)返金して事業を継続できると思っている」とした。
保有する仮想通貨を売却して返金するとの見方に対しては、「私たちは仮想通貨を保有してというのはない。それを補償にあてることはない」と否定した。朝日新聞より引用

こんなに金あるんかー!

これが最初の感想です。

そして、
じゃあ、あの会見はなんやったんや!

が次の感想です。

・・・

もしかして、NEMの補償金額を下げるための会見か!?

算出期間: 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)

この時間、NEM流出報道によって、NEMが価格を下げて、

さらには、コインチェックの記者会見を受けてゴックスする可能性がたかそうなことから、さらにNEMが価格を下げていました。

その平均値での返金ということで、88.549円というレートとなっています。総額463億円強。

流出時は、580億円相当でしたので、約117億円も安くできた!?

もしかして、あの会見は、返金価格を下げるためのものだったのか???

ということも考えられますが、真相はどうなのでしょうか。

まだ不透明なこともたくさん

コインチェックユーザーの方々は、ゴックスとなってJPYも含めて全部ボッシュートとなることから比べれば、返金されるということで、最悪の事態は脱したといえると思います。

しかしながら、まだ返金時期も決まっておらず。

コインチェックは金融庁様から業務改善命令の処分を受けています。(1月29日)
内容は、次の通り。コインチェックのメールから引用。

さて、どのような決着となるでしょうか。

僕は、Zaifを使っていたので、今回はセーフでした。

新しい業者を選定している方は、Zaifもチェックしてみては?

仮想通貨に興味があるけど、まだ始められていない人へ。僕がメイン口座をzaifにした理由も教えます。

2017.10.23

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。