XEM(NEM)がトータル10,000を超えたので、ハーベストを試すべく、ウォレットに移しました。

どうも、仮想通貨プレイヤーの川相”かわい”(@woddy3)です。

何かと騒がせているネムですが、この仮想通貨の将来性に期待できる部分が大きくて、これからも大きく成長すると僕は見ているのですが、

そんなこともあって、今年はネムを買い込んでおりました。

NEM/XEM(ネム)には、熱狂的なファンが多い。ネムラーの皆さん、僕も仲間入りします!

2018.01.15
買い込み始めは、1XEM=180円前後だったのですが、1月は仮想通貨の暴落が3度ほど起きており、
そのうち1回は、コインチェックからネムが盗まれるという、ネガティブニュースによって、一時70円台まで下げたんですよね。

買い始めが早すぎたやんけ

と、僕は感じているのですが、
そんなことは気にせず、その将来性に期待して、コツコツと買いましておりました。

10000XEMを超えたら、ハーベストができる

ハーベストというのは、ビットコインでいうマイニングのこと。

取引所や販売所で買ったXEMを nano wallet(ソフトウェアウォレット)に移したら、ネムを収穫できるようになるということ。

しかも、パソコンの電源を入れていなくても収穫できると説明されています。

つまりネムがネムを生み出すという最強の仕組み

ソフトウェアウォレットで管理

僕はどうせ買ったネムは、ガチホすると決めていますから、販売所のウォレットに置いておく必要はありません。

せっかくなので、ネムでネムが増えるというハーベストを試すべく、nano wllatにXEMを移動させたのでした。

ハーベストができるようになるには、
既得バランスのところが10000を超えなければならないみたいで、
それまでは、待つのみとなります。

1月28日(日)にネムをソフトウェアウォレットに移しましたが、1日後の29日(月)には、

既得バランスが、こちら。

こんだけ増えてますな。

初ハーベストのその日まで、しばらく放置。

どのくらいの収穫ができるのか、楽しみですな。

ネムのハーベストに興味のある方は、ZaifでXEMを買って、nano walletにうつすことをお勧めしますよ。

なんてったって、Zaifを運営するテックビューロの代表の朝山さんは、NEM財団の理事ですからね。

ハーベストの状況

既得バランスが日々どのくらい増えていくのか、確認していました。

2日後

3日後

4日後

6日後

6日後についに、半分の5000を突破しましたよ。
今後の状況についても、後日、報告しますね。

ウォレットに移してから12日後

ウォレットに移してから、6日間が経過してからは、ウォレットのログインもせずに、しばらく放置しておいたのですが、久しぶりに確認しました。

状況は、7700。

あれ?上昇ペースが落ちてるな。

 

26日後

しばらく、放置をしていましたが、nano Walletに移して26日後、既得バランスがようやく10,000を超えました。

10,000XEMで、26日間かかるということがわかりました。

ハーベストするには、設定が必要

ハーベストをするためには、設定が必要です。

最初にピンクで囲んだところを設定。
0.15XEMかかりました。

するとリモートステータスが「有効」となります。

そして、しばらくしたら、
緑で囲んだところを設定します。(すぐには設定できなかった)

すると、ハーベスティングが「有効」となります。

さて、これでNEMが収穫できるはずですね。
初ハーベストを楽しみにしています!