ビットコインで、暴落時も利益を狙う。売りから入る戦略。

どうも、仮想通貨プレイヤーの川相”かわい”(@woddy3)です。

仮想通貨が暴落が現在も続いていますね。100万円を割ったビットコインは、どこまで下げるのでしょうか。

反発の兆しも未だ見えてきません。

このような状況の中で、ビットコインだけでなく、アルトコインも大きく下げています。

ビットコインが下がると、アルトコインが下がる理由。

2018.01.16

仮想通貨市場ではこのような暴落がこれまでも何度も起こっているわけですが、
それは、株式市場であっても外為市場であっても、暴落はちょくちょく起こっているように、

売りと買いの数で価格が決まる市場(マーケット)においては、その偏りが出た時には、大きな変動を見せることになります。

買いが殺到すれば、暴騰するし、
売りが殺到すれば、暴落する。

仮想通貨市場であっても、暴騰もあれば、暴落もするわけです。

暴落時に買い増したくなる

多くの人は、暴落時に、「買い増そう」と考えます。特に日本人は、逆張り思考の人が多いので、暴落するのを見ると、底値で買いたいという欲求から買い増すのです。

しかしながら、こういう買い増しは、多くの場合が失敗します。

なぜなら、
底値かどうかは誰にもわからないから
です。

もちろんうまくいくこともありますが、底値で買えることは稀です。

自分が底値だと思って、買ったら、その水準からまだまだ下げていった、という経験はよくあることです。

今回の仮想通貨の暴落でも、慌てて買い増しをした人がいると思うのですが、こういうパターンになっていないでしょうか。

そういう人は、ちょっと落ち着いて取引をした方がいいと思います。
なぜなら、そういう人は、ライブドアショックやリーマンショックで、資金を失った人と同じ思考パターンだからです。

暴落時はショート(売り)から入ることも

仮想通貨市場では、ショートから入る取引ができます。ショートから入るとは売りから入るということ。

売りから入って、買い戻すということですね。

つまり、100円で売って、後日、60円になった時に買い戻せば、40円の利益が出るということです。

これは、以前にもブログで書いています。

ビットコインを売り(ショート)からエントリーする方法。暴落時が最大にチャンスに?

2017.11.12

仮想通貨トレードの環境

僕は、仮想通貨を買っているのですが、
ショートができる環境も整えています。

具体的には、Zaifで仮想通貨を買っていて、

GMOコインでは、トレード(売買)をしています。つまり、暴落時は、ショート(売り)で利益を狙っているということです。

つまり、僕は、
ガチホ口座とトレード口座
を持っているわけです。

こうすることで、ガチホ口座でコインを貯めて、
トレード口座で暴落時を狙う

というスタイルができるわけですね。

仮想通貨市場が、これからも暴落も起こることは当然なので、仮想通貨トレーダーの方は、まず自分の環境を整えてみるのはどうでしょうか。

ちなみに、Zaifは、手数料がお得なので、ガチホ口座にしています。

そして、GMOコインはFXもやっている会社だからこその、充実したトレード環境であることから、売買益を狙う口座として使っていますよ。

そして、法人口座は、最大手のビットフライヤーで開設しました。こちらもおすすめです!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で