【本日のシグナル】ドルは小動き。各通貨ペアの目処を確認しよう。

2月20日(火)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、米国はプレジデンツデーの祝日で株式や国債市場などが休場でした。それもあって、ドルは小動きで終えています。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析(ポイント&フィギュア)から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で106.60円台となっています。
昨日は久しぶりにやや反発をしましたね。

現在は、レンジ形成に向けた動きとの判断です。

レンジの下値は106.10円台で、
レンジの上値を探る展開です。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.2400ドル台となっています。

現在は、レンジ相場となっており、
レンジの上値は、1.25ドル台前半、
レンジの下値は、1.22ドル台前半です。

もし仮に、レンジの上値1.25ドル台前半を超えてくるようですと、買いシグナルが点灯となり、目標値1.28ドル台後半が算出されます。

逆に、レンジの下値1.22ドル台前半を割れてくるようですと、売りシグナルが点灯となり、目標値1.19ドル台前半が算出されます。

今後の値動きに注目しましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で132.20円台となっています。

現在の状況は、レンジ形成に向けた動きとの判断です。
レンジの上値は、137円台前半で、
レンジの下値を探る動きです。

レンジ形成までは様子見となります。

本日のまとめ

テクニカル分析からは、ユーロドルがレンジ相場となっておりますので、チャンスが近そうな雰囲気です。

また、ドル円も再び円高に動き出すようですと、、シグナルが点灯する可能性がありますね。

各通貨ペアの目処を意識して、チャンス到来の際は、トレードに臨みたいところです。

では、本日もがんばりましょう。