ユーロ円、買いシグナルの目標値を達成!米、年内利上げの可能性高まる

10月6日(木)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日は、ドル円が円安に動きました。103円台半ばですね。

アメリカの経済指標の結果が良く、年内の利上げ観測が高まっていることが要因となっています。

ドル円の上昇により、ユーロ円も大きく上昇を見せました。

昨日はこんな記事もアップしました。

ユーロ円が買いシグナルの目標値達成!

2016.10.05

今週もあと2日。注目されるのは、7日(金)のアメリカの経済指標、雇用統計です。

これがどのような結果になり、そして、どのような値動きになるのか、非常に注目されますね。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で103.50円台となっています。

現在は、次のレンジ形成を目指して推移しているとの判断です。上昇は続いていますが、レンジ形成までは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1200ドル台となっています。

こちらは今なおレンジ内の動きですね。

レンジの上値1.12ドル台半ばで、レンジの下値1.11ドル台半ばとなっています。

シグナル点灯までもう少し待ちましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で116.00円台となっています。

これまで買いシグナルが点灯しており、目標値115円台後半が出ていたことを報告していましたが、昨日、見事に目標値を達成しました!やりました!

ユーロ円が買いシグナルの目標値達成!

2016.10.05

ということで、今後は次のレンジ形成に向けた動きとなります。レンジが明確になるまでは様子見となります。

本日のまとめ

アメリカの年内利上げの可能性が高まっています。それによるドル買いで、相対的に円安へと動いています。

テクニカル分析では、一昨日のドル円に引き続き、ユーロ円が買いシグナルの目標値達成ということで、絶好調です。

次はユーロドルのシグナル点灯を待ちたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。