ビットコイン(BTC/JPY)は売りシグナル点灯中だ。チャート分析で算出された目標値を確認。

どうも、仮想通貨に注目している川相”かわい”(@woddy3)です。

3月25日のブログでは、ビットコイン(BTC/JPY)が、チャート分析からシグナルが点灯しそうだとお伝えしていました。

ビットコインは上げるのか?下げるのか?[テクニカル分析]

2018.03.25

この記事を引用しますと、

現在は、レンジ相場です。
レンジの下値80万円
レンジの上値98万円
です。

もしもレンジの上値98万円を超えてくると、買いシグナルが点灯となります。
その時は、目標値120万円が算出されます。

逆に、レンジの下値80万円を割れた場合は、売りシグナルが点灯となります。
算出される目標値は、64万円割れ。

そして、この記事を投稿してから4日後。

ビットコイン(BTC/JPY)は、レンジの下値である80万円を割れてきました。(3月29日)

この値動きによって、予定通り、売りシグナルが点灯となりました。
算出された目標値64万円割れです。

その後は、じわじわと下げる展開が続いており、安値で70万円台割れ目前まで下げる場面もありました。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

さて、今後は、この売りシグナルに従って、60万円台へと突入していくかどうかが注目点です。

算出されている目標値は、64万円割れですから、予定通りいけば、まだまだ下げる展開が続きそうですね。注目しましょう。

ちなみに、78万円を超えてくると、売りシグナルは一旦消灯することになりますので、その水準も意識しておきましょう。

BTC/JPYは、FXのように売りから入ることもできますので、売りシグナルが点灯した際は、そういうトレードを狙うこともできますよ。

ビットコインで、暴落時も利益を狙う。売りから入る戦略。

2018.02.03

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。